【死の真相】ゴッホは自殺か他殺かそれとも…?/山田五郎オトナの教養講座⑮

 

記事の要約

✓精神科に入院したゴッホ

✓一時はブレイクの兆しが…

カウボーイの子供に撃たれた?

 

この記事は
山田五郎さんのYoutubeチャンネルである
「山田五郎オトナの教養講座」より、
動画の内容を文字に起こして
解説していくものです。

第15回目のタイトルは
【ゴッホは自殺か他殺かそれとも…?

今回はゴッホの死の真相についてです。

まだ動画をみてない方は
是非ご覧になって下さい。

 

 

文字の方が理解しやすい方は
ぜひ最後までお付き合いください。



ゴッホは自殺か他殺かそれとも…?

 

フィンセント・ファン・ゴッホ

今回はゴッホの死の真相のお話です。

前回までの話を見ていない方は
そちらからご覧ください。

「ひまわり」たくさん描いた悲しい理由…

謎だらけ!耳切り事件の真相を追え!

 

「アルルの病院の中庭」

耳切り事件の後、
フェリックス・レイ医師の世話になり
退院したゴッホでしたが
弟テオの結婚やルーラン夫妻の転勤、
近隣住民の署名活動などにより
遂に精神病院へ入院することを決めます。

1889年5月のことでした。

そしてこの頃から
ゴッホの絵はどんどん歪んでいく
ことになります。

 

星月夜
「星月夜」1889年

こちらは有名な「星月夜」という作品。
現代の私たちからすれば違和感もなく、
「わざとこういう描き方をしたんだな」と
感じる人も多いでしょう。

しかしゴッホはこれを
「見たまんま」描いているのです。
つまりゴッホには風景が本当に
絵のように見えていたのです。

(精神疾患由来の視覚異常です)

 

二本の糸杉
「二本の糸杉」1889年

ゴッホはこの時期に糸杉をテーマにした
絵もいくつか描いていますが、
その糸杉の形も歪んでいます。

これらの表現は本人は無自覚ですが、
後のフォーヴィズムの画家たちに
影響を与えることになります。

ゴッホにブレイクの兆し?

 

ゴッホが精神病院に入院してから
半年くらい経ったころ、
実はゴッホにブレイクの兆しが
みえてきます。

 

タンギー爺さん
タンギー爺さん

きっかけは画材屋を営んでいた
タンギーさんのもとに
アルベール・オーリエと呼ばれる
新進気鋭の美術評論家が来店。

そこでゴッホの絵を見た
オーリエはゴッホの絵を絶賛し、
メルキュール・ド・フランスという
文芸誌に彼のことを載せたのです。

 

赤い葡萄畑
「赤い葡畑」1888年

そして「赤い葡萄畑」という作品が
初めて売れたのでした。

 

花咲くアーモンドの木の枝
「花咲くアーモンドの木の枝」1890年

こちらの作品はテオに子供が生まれ、
その出産祝いに描いた作品です。

描いた対象があまり歪んでいません。

ゴッホのことを評価する人が出てきた
この時期は、彼の精神も落ち着いていた
ようです。

 

そして1890年の5月、
ゴッホに退院の許可がおります。

退院したゴッホはテオのいる
パリに行きました。

ところが、その4日後に
すぐパリを出てしまうのです。

パリを出たゴッホ

 

パリを出たゴッホは
オーヴェルという地に向かいます。

 

ゴーギャン
ゴーギャン
エミール・ベルナール
エミール・ベルナール

ゴッホがパリを出た理由については
定かではありませんが、
山田さんによるとゴッホが親友と
思っていたゴーギャンベルナール
が来てくれなかったことが原因では
ないかと考えられているそうです。

 

医師ガシェの肖像
「医師ガシェの肖像」1890年

そしてオーヴェルという地で
精神科医のガシェに出会います。

このガシェは美術が好きな人物で
ゴッホを認めてくれる人物の1人でした。

しかしガシェもクセのある人物だったのか、
「俺よりあいつの方が病気だ」と書かれた
ゴッホの手紙が残っているそうです。

 

オーヴェルの教会
「オーヴェルの教会」1890年

この時期に描いた作品です。

また少し、歪み始めています。

そしてオーヴェルにきて
2カ月経った7月27日。

滞在していた宿で昼食を食べた後、
画材をもって外出したゴッホ。

夜に宿に戻ってくると
手ぶらで腹から血を流した状態
だったそうです。

宿の主は心配しますが、
本人は「大丈夫」とだけ言い残し
部屋へと行ってしまいます。

しかし心配な宿の主は
たまたまオーヴェルで休暇を取っていた
産婦人科の医師とガシェを頼ります。

診察するとゴッホの腹は
銃で撃たれていることが発覚。

内臓はさほど損傷していませんでしたが、
弾が中に残ったままだといけないので
手術をした方がよいと判断されます。

ところが両医師とも専門外なので
とりあえず応急処置だけ済まし、
パリにいるテオに連絡を入れました。

 

テオドルス・ファン・ゴッホ
テオドルス・ファン・ゴッホ

翌日、すぐにテオが来ますが
その時のゴッホは元気だったようです。

テオはその日泊り、
夜通しゴッホと話をしていました。

ところが翌日の7月29日。

様態が悪化したゴッホは帰らぬ人になります。

ゴッホ自殺説?

 

カラスのいる麦畑
「カラスのいる麦畑」1890年

ここで気になるのが、
誰がゴッホを撃ったのかです。

現在、有力視されている説の1つが
ゴッホ自殺説です。

ゴッホが自殺する少し前の7月6日。

テオのもとを訪ねたゴッホは
テオの妻であるヨハンナに色々
小言を言われたそうです。

 

ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル
ヨハンナ・ファン・ゴッホ=ボンゲル

その内容はやはり金銭のこと。

子供も生まれ、お金が必要だった
ヨハンナにとって夫の兄にまで
資金を回す余裕はなかったのでしょう。

そのことにショックを受けたゴッホは、
耳切り事件の時と同様
いわゆる「かまってほしい」気持ちが
高ぶって自ら腹を撃ったのではないかと
するのが自殺説です。

自殺説

テオ家に見放されることを恐れて自分で撃った

 

ところがこの説には謎が残ります。

それは、
拳銃はどこからきてどこへ消えたのか
ということ。

絵具を買うお金さえないゴッホが
どうやって拳銃を手に入れたのか。

ゴッホが拳銃を所持していたという
記録もありません。

しかもこの事件のあともゴッホを
撃った拳銃は見つかっていません。

 

また、もし自殺だとすれば
ゴッホは至近距離でお腹を撃ったはず。

そうすれば弾は体を貫通するはずです。

ゴッホ他殺説

 

ゴッホ自殺説にはいくつかの
謎が残ってしまいます。

そこで新たに考えられている説が
ゴッホ他殺説です。

もっと詳しく言うと、
悪ガキに撃たれた説です。

 

このオーヴェルという地は
パリから避暑地として休暇をとる
人々が多い場所でした。
(産婦人科の医師もそうです)

その中に貧相な格好をした
ゴッホのことをからかっていた
悪ガキ一味がいたそうです。

 

そしてその悪ガキ一味の中で
流行っていたのがカウボーイでした。

当時、パリ万博で大西部劇場という
アメリカ西部をテーマにした展示が
行われたことがブームのきっかけです。

一味はカウボーイ姿でよく遊んでおり、
拳銃も持っていたことがわかっています。

しかもこの悪ガキたちは
事件のあとすぐパリに帰っていることも
判明しており、どうやらこのことが
ゴッホ他殺説を有力視する理由のようです。

 

炎の人ゴッホ
炎の人ゴッホ

悪ガキのリーダー格だった人物は
1956年に公開された映画
「炎の人ゴッホ」を見た際に、
「告白したいことがある」
コメントしており、
「僕はゴッホの最後の日を知っている」
「あの拳銃は僕のものだ」
「その拳銃でゴッホが自分で撃った」
と話しているそうです。

(さすがに自分で撃ったとは言えなかった)

 

他殺説

悪ガキ一味が遊び半分で撃った

まとめ

 

カラスのいる麦畑
まとめ

✓視覚異常で歪んだ絵を描いたゴッホ

✓退院後はオーヴェルで過ごしていた

カウボーイ姿の悪ガキ一味に撃たれた

他殺説が本当だった場合、
ゴッホは子供たちを庇ったことに
なります。

ゴッホの性格を考えると、
その可能性は大いにあります。

そう考えると、
なんとも切ない最後ですね。

あなたはゴッホの最後を
どのように考えますか?

次回はマネの作品についてです。