写実主義の特徴を解説/バルビゾン派の風景画も紹介【西洋美術史㉕】

サムネ

 

記事の要約

産業革命の時代

現実をあるがままに描くことを重視

✓印象派の先駆的存在

 

19世紀中頃から
目の前の現実のみを描くことに
注力した画家達が出てきます。

これを写実主義と呼び、
同時期のフランス郊外では
バルビゾン派とよばれる
同じく目の前の風景を描くことに
こだわった画家達がいました。

まずはこの時代の作品の
画像を確認していきましょう。

石割人夫 オルナンの埋葬 落穂拾い フォンテーヌブローの森の小屋

ギュスターヴ・クールベ
ギュスターヴ・クールベ
ジャン=フランソワ・ミレー
ジャン=フランソワ・ミレー
テオドール・ルソー
テオドール・ルソー


美術史年表
写実主義(1830年頃~)
⇒クールベ、ミレーetc…
✓バルビゾン派(1830年頃~)
⇒ルソー、ミレー、コローetc…
✓ラファエル前派(1850年頃~)
⇒ロセッティ、ミレイetc…

写実主義の美術

 

産業革命

理性や合理性を重視する新古典主義の
反動として感性や自然、想像の世界を
重視したロマン主義が生まれました。

そして19世紀中頃になると、
現実をあるがままに描くことを重視した
写実主義の画家達が誕生します。

その背景には18世紀後半からイギリスで
始まった産業革命がありました。

機械化が進んだ街には工場が増え、
人々は仕事を求めて都市部へと
集まりました。

経営者と労働者の間には貧富の差が生まれ、
公害などの新しい問題が増えてきた時代です。

ギュスターヴ・クールベ

 

ギュスターヴ・クールベ
ギュスターヴ・クールベ

ギュスターヴ・クールベ
(1819~1877)はフランスのオルナンに
生まれた画家です。

クールベは過去の画家達が描いた
理想や空想の世界にはとらわれず、
身近な現実を忠実に描き続け、
なかでも労働者や農民の生活
強い関心を示しました。

 

石割人夫
「石割人夫」1848年

クールベの作品「石割人夫」のモデルと
なったのは社会の底辺を生きる労働者です。

産業革命の裏で貧富の差が大きくなった時代、
クールベは労働者のリアルな姿を描くことで
社会的な抗議を唱えました。

 

オルナンの埋葬
「オルナンの埋葬」1849年

こちらの「オルナンの埋葬」でも
質素な服を着た村の人々が描かれています。

世界初の個展

 

画家のアトリエ
「画家のアトリエ」1855年

クールベはパリで行われた
万国博覧会に「オルナンの埋葬」と
「画家のアトリエ」という
大作を出品しようとしますが、
2つとも落選してしまいます。

そこでクールベは会場の近くに小屋を建て、
「クールベ作品展。入場料1フラン」
という看板を立て、個展を開催しました。

当時、画家が自分の作品だけを並べた
個展を開催する習慣はなかったので、
クールベの開催した作品展は
世界初の個展となりました。

このことは後の印象派の画家達に
影響を与えます。

ジャン=フランソワ・ミレー

 

ジャン=フランソワ・ミレー
ジャン=フランソワ・ミレー

ジャン=フランソワ・ミレー
(1808~1879)も当時の
フランス国民の大半を占めた
農民たちの生活や姿を主題に
作品を描いた画家です。

 

種まく人
「種まく人」1850年
落穂拾い
「落穂拾い」1857年
晩鐘
「晩鐘」1857‐59年

ミレーが描いた農民の人々は、
みな信仰深く働き者でした。

 

バルビゾン派の美術

 

フォンテーヌブローの森の眺め
コロー「フォンテーヌブローの森の眺め」1830年

1830年頃から数人の画家が
パリの郊外にあるフォンティーヌブローの
森のはずれにあるバルビゾンという村に
住みつきます。

そこで彼らは自然に基づく風景画を
たくさん描き、バルビゾン派
呼ばれる新しい風景画を作りました。

フランスでは19世紀初めごろまで
実際の風景を描く風景画はあまりなく、
神話や物語の背景として理想化された
風景を描くことが大半でした。

テオドール・ルソー

 

テオドール・ルソー
テオドール・ルソー

バルビゾン派の中心となったのは
テオドール・ルソー(1812~1867)です。

それまでのフランスでは依然として
アカデミー主催による公式美術展覧会
いわゆるサロンが画家の登竜門であり、
サロンで評価されるには歴史画や肖像画を
描くことが必須の時代でした。
(アングルのように)

それでもルソーは純粋な風景画にこだわり、
サロンへの入選を拒まれた不遇時代にも、
彼は画家としての志を変えることは
ありませんでした。

そして1848年に
サロンの審査基準が変わると、
翌年のサロンで金メダルを獲得、
正統派の画家として復活を果たしたのでした。

 

フォンテーヌブローの森の小屋
ルソー「フォンテーヌブローの森の小屋」1855年

印象派への橋渡し

 

印象・日の出

写実主義のクールベやバルビゾン派のルソーに
共通するのは、アカデミーが推奨する
歴史画や空想の世界ではなく
目の前に映る人物や風景を描いたことです。

このことで画家達は
書物の知識や過去の美の研究から解き放たれ、
目の前の世界を自由に求めることが
できるようになりました。

よって19世紀後半に登場してくる、
印象派の画家達の先駆的存在といっても
過言ではないでしょう。

まとめ

 

落穂拾い
まとめ
✓産業革命を背景にクールベは労働者や農民の姿をリアルに描いた

✓バルビゾン派のルソーは純粋な風景画にこだわり続け、サロンで金メダルを獲った

✓目に映るものを描いた彼らは、印象派の先駆的存在となった

次回はラファエル前派の美術を解説します。

 

サムネ