ポスト印象派の画家の特徴や代表作を解説【西洋美術史㉘】

サムネ

 

記事の要約

✓印象派の後という意味

✓それぞれが独自の世界観を表現した

✓後世の画家に多大な影響を与えた

 

ポスト印象派とは1880年代から
活躍した画家達をさす言葉です。

ポストとは「~の後」という接尾語で、
ポスト印象派は「印象派の後」という
意味をもちます。

また、ポスト印象派の画家に
共通する様式はないのですが、
印象派を継承しつつも独自に
印象派を乗り越えようとした点で共通
していました。

まずはポスト印象派の代表作の
画像を確認していきましょう。

星月夜 ひまわり われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか 大きな松のあるサント=ヴィクトワール山

ゴッホ
フィンセント・ファン・ゴッホ
ゴーギャン
ポール・ゴーギャン
ポール・セザンヌ
ポール・セザンヌ


美術史年表
印象派(1860年~)
⇒モネ、ドガ、ルノワールetc…
✓ポスト印象派(1890年頃~)
⇒ゴッホ、ゴーギャンetc…

ポスト印象派の美術

 

黄色い家
ゴッホ「黄色い家」(1888年)

印象派の美術はルネサンス以来の
大きな変化を美術にもたらしたと
いわれています。

そんな印象派がしだいに世間に
認められるようになった1880年代、
パリにはまた新たな世代の画家達が
集まっていました。

ゴッホゴーギャンセザンヌといった
若い画家達です。

ここからは1人ずつ
代表作や特徴をみていきましょう。

フィンセント・ファン・ゴッホ

 

ゴッホ
「自画像」(1887年)

フィンセント・ファン・ゴッホ
(1853~1890)は、オランダの画家です。

もともとは貧しい農民をテーマにした、
暗い色調の絵を多く描いていましたが
パリに移り印象派を知ると、
明るい色調の絵を描くようになりました。

また、日本の美術にも大きな関心をもって
いたことで有名です。

タンギー爺さん
「タンギー爺さん」(1887年)
おいらん
「おいらん」(1887年)

印象派の画家達が
外の世界を描いていたのに対し、
ゴッホの絵画には内面の世界心の動き
が表現されています。

また、渦を巻くような筆さばき
原色を使うことで表現力豊かな
世界を実現しました。

そんなゴッホの絵画は
後のアンリ・マティスなど
フォービズムの画家達に大きな影響を
与えました。

夜のカフェテラス
「夜のカフェテラス」(1889年)
ひまわり
「ひまわり」(1888年)
星月夜
「星月夜」(1889年)

 

ポール・ゴーギャン

 

ゴーギャン
ポール・ゴーギャン

ポール・ゴーギャン(1848~1903)は
フランス生まれです。

株式仲買人の仕事をしながら
印象派展に出品していた
アマチュア画家でした。

1883年には画家になることを決心し、
ゴッホと共同生活をした時期なども
ありましたが、最終的には文明を嫌い
南太平洋のタヒチに移り住みました。

ゴーギャンの特徴は平らな画面に
大きな色の面、鮮やかな色彩が特徴です。

タヒチに住んでからは素朴で原始的な生活を
テーマにすることが多く、紫や赤、緑など
強い色彩で独特の世界を表現しています。

そんなゴーギャンの世界観は
後のモーリス・ドニなど
ナビ派の画家達に受け継がれました。

タヒチの女
「タヒチの女」(1891年)
ファタタ・テ・ミティ
「ファタタ・テ・ミティ」(1892年)
われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか
「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」(1897‐1898年)

ポール・セザンヌ

 

ポール・セザンヌ
ポール・セザンヌ

フランスの画家の
ポール・セザンヌ(1839~1906)は
印象派のように自然を描くことに関心が
ありました。

しかし彼の場合は古典絵画のような
しっかりした画面構成をめざし、
理想を追い求めて同じ題材を
何度も描き続けました。

セザンヌの絵は一見すると
平らな絵ですが、筆の重なりによって
微妙な遠近感を感じさせます。
これらはこれまでの遠近法や明暗法
ではない、全く新しい表現でした。

そんなセザンヌの作品は
後のキュビスムや20世紀後半の
画家に大きな影響を与えました。

大きな松のあるサント=ヴィクトワール山
「大きな松のあるサント・ヴィクトワール山」(1887年)
サント=ヴィクトワール山
「サント・ヴィクトワール山」(1904年)
サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール
「サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール」(1904‐1905年)

まとめ

 

星月夜
まとめ

✓ポスト印象派とは「印象派の後」という意味

✓共通した様式はないが、それぞれが独自の表現方法を用いた

✓後のフォービズムやナビ派、キュビスムなどに影響を与えた

次回は象徴主義の美術を解説します。