ロマン主義の特徴を解説/定式化との決別【西洋美術史㉔】

サムネイル

 

記事の要約

☑感性や多様性

☑見たままの風景画

☑線より色彩を重視

 

新古典主義がナポレオンの敗北と共に
衰退してきた頃、自然の神秘的な
光景などに興味を持ち、
より自由な表現を目指した人々が
現れました。

これをロマン主義と呼び、
19世紀の芸術の大きな流れと
なっていきます。

まずはこの時代の作品の
画像を確認していきましょう。

悪夢 乾草車 雨、蒸気、速度 グレート・ウェスタン鉄道 氷の海 メデューズ号の筏 サルダナパールの死

フュースリ
ヨハン・ハインリッヒ・フュースリ
コンスタブル
ジョン・コンスタブル
ターナー
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
テオドール・ジェリコー
テオドール・ジェリコー
ウジェーヌ・ドラクロワ
ウジェーヌ・ドラクロワ


美術史年表
ロココ美術(1730年頃~)
⇒ヴァトー、フラゴナール、シャルダンetc…
新古典主義(18世紀中頃~19世紀初頭)
⇒ダヴィッド、カノーヴァ、アングルetc…
ロマン主義(18世紀後半~19世紀中頃)
⇒ジェリコー、ドラクロワ、ターナーetc…

ロマン主義の美術

 

ダンテの小舟
ドラクロワ「ダンテの小舟」

新古典主義では理性や合理性が重んじられ、
明確な輪郭線や対称性、古代彫刻のような
人体表現が特徴でした。

ロマン主義では対照的に
自由な感性や多様性が重視され、
ロマン主義者たちは自然を愛し
「自然に還る」ことを求めました。

道徳よりも感情表現を重視する。

そんな想像力豊かな芸術作品が
数多く生まれていきました。

イギリスでのロマン主義

 

カンタベリー大聖堂

ロマン主義は新古典主義が支配する
フランスよりもイギリスやドイツなどで
はやく出現しました。

まずはスイス生まれの
ヨハン・ハインリッヒ・フュースリ
(1741~1825)の「悪夢」という
作品からご紹介します。

悪夢
「悪夢」(1781年)

悪い夢を見ている女性の上に乗った悪魔や
中世の伝説に登場する怪物などが
描かれています。

これまでの作品とは異なり
幻想的で想像力に富んだ作品といえます。

フュースリ
ヨハン・ハインリッヒ・フュースリ

風景画の成立

 

ミノタウルス号の難破
ターナー「ミノタウルス号の難破」

フランスに先立ちイギリスでは
風景画も黄金時代を迎えます。

これまでの美術の歴史では
見たままの自然だけを描くことはなく、
自然のままの風景画は驚くほどに
革新的でした。

それまでの風景
神話や物語の背景にふさわしく理想化された風景を描くのが普通だった

ジョン・コンスタブル(1776~1837)や
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー
(1775~1851)は風景画の代表的画家です。

コンスタブルはありのままの自然に
忠実であろうとし、穏やかな自然と
人間の営みが融合した叙情豊かな風景画を
制作しました。

乾草車
「乾草車」(1821年)
コンスタブル
コンスタブル

 

一方のターナーはクロード・ロランの
ような理想的風景画などに才能を
示しましたが、後年は蒸気船や機関車など
発展を遂げる近代風景にも目を向けました。

サムネイル23
雨、蒸気、速度 グレート・ウェスタン鉄道
「グレート・ウェスタン鉄道」(1844年)
ターナー
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー

ドイツでのロマン主義

 

ミュンヘン

ドイツでもロマン主義者たちによる
風景画制作が盛んになりました。

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
(1774~1840)は山上から見下ろした
雲海など広大な風景を好んで描きました。

彼は自然の中に超越的なものを見いだし、
静謐な風景世界を創造しました。

氷の海
「氷の海」(1823‐1824年)
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ
カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ

フランスでのロマン主義

 

民衆を導く自由の女神
ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」

フランスのロマン主義は
テオドール・ジェリコー(1791~1824)と
ウジェーヌ・ドラクロワ(1798~1863)に
代表されます。

ジェリコーは1816年の海難事件を描いた
「メデューズ号の筏」で画壇に議論を
巻き起こしました。

メデューズ号の筏
「メデューズ号の筏」(1818‐1819年)

死に直面した極限状態を描いたこの作品は
定式化した新古典主義に真っ向から対立
するものだったからです。

テオドール・ジェリコー
テオドール・ジェリコー

そしてそんなジェリコーの影響を受けた
ドラクロワは1824年と27年のサロンにおける
アングルとの対決によって、
ロマン主義の画家として名を世に知らしめました。

ウジェーヌ・ドラクロワ
ウジェーヌ・ドラクロワ

 

アングルとの対決

 

サロン

新古典主義は理性で捉えた
「線」を絶対視するものでした。

それに対してロマン主義は
個人の感覚を直接的に反映する
「色彩」を重視しました。

この美学的対立はフランス画壇を
二分する論争へと発展させます。

サルダナパールの死
「サルダナパールの死」(1827年)

ドラクロワが1827年に出品した
「サルダナパールの死」
模範的な古典様式であるアングルの
「ホメロス礼讃」と比較されました。

ホメロス礼賛
「ホメロス礼賛」(1827年)

まとめ

 

民衆を導く自由の女神
☑ロマン主義では自由な感性や多様性が重視された

☑ロマン主義の風景画は見たままの自然の風景をメインに描いたことで革命的だった

☑サロンにてロマン主義のドラクロワは新古典主義のアングルと争った

次回は写実主義の美術を解説します。

 

サムネ