フォーヴィスムやブリュッケ、青騎士の特徴を解説【西洋美術史㉚】

サムネ

 

記事の要約

✓色彩の解放を試みたフォーヴィスム

✓保守的な体制に反抗したブリュッケ

✓音を色で表現したカンディンスキー

 

印象派や象徴主義の時代を経て、
20世紀に入ると絵画は
芸術家の内面を押し出すような
表現主義の時代に突入します。

表現主義

感情を作品に反映させて表現する傾向のこと

また、一言に内面と言っても
国や芸術家グループによって
表現した内容は大きく異なりました。

まさに多様な表現主義の時代です。

まずフランスのパリでは、
フォーヴィスム
という
運動が巻き起こります。

運動としては
1905年からわずか数年という
短いものでしたが、
その衝撃は壮大なものでした。

フォーヴィスムの特徴は、
「形態」による支配から「色彩」を
解放しようとした点です。

まずはこの時代の代表作の
画像を確認していきましょう。

赤のハーモニー チャリング・クロス橋 街 最後の晩餐 印象Ⅲ(コンサート) 小さな青い馬 夕日

アンリ・マティス
アンリ・マティス
アンドレ・ドラン
アンドレ・ドラン
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エミール・ノルデ
エミール・ノルデ
ワシリー・カンディンスキー
ワシリー・カンディンスキー
フランツ・マルク
フランツ・マルク
ガブリエレ・ミュンター
ガブリエレ・ミュンター


美術史年表
フォーヴィスム(1905~1910頃)
⇒アンリ・マティス、アンドレ・ドランetc…
ブリュッケ(1905~1913年)
⇒キルヒナー、エミール・ノルデetc…
✓青騎士(1912~1914年)
⇒カンディンスキー、ミュンター…

フォーヴィスムの美術

 

帽子の女
マティス「帽子の女」(1905年)

それまでの絵画において色は、
立体感や空間の奥行を表現するため
色合いや明暗、強弱といった具合に、
形態になじむように決められるのが
普通でした。

もっと平たく言うと、
色彩よりも形態の方を優先するのが
普通でした。

しかしフォーヴィスムの画家たちは、
形態から色彩を解放し、
目に映る色彩ではなく、心が感じる色彩
表現することを目指しました。

フォーヴィスムの発端は1905年、
パリの展覧会でアンリ・マティス
アンドレ・ドランらが出品した作品を
「あたかも野獣(フォーヴ)の檻の中に
いるようだ」と評されたことでした。

彼らは象徴主義の
ギュスターヴ・モローの教え子であり、
モローから「形式の枠組みの外で物事を考え、
その考えに従うこと」と教えられていました。

アンリ・マティス

 

赤のハーモニー
「赤のハーモニー」(1908年)

アンリ・マティス(1869~1954)は
フランスの画家で、フォーヴィスムの
リーダー的存在です。

フォーヴィスムの活動後も20世紀を
代表する芸術家の1人として活動しました。

自然をこよなく愛したマティスは
「色彩の魔術師」と謳われており、
絵画の他に、彫刻や版画も手掛けています。

 

緑の筋のあるマティス夫人の肖像
「緑の筋のあるマティス夫人の肖像 」(1905年)
ダンス
「ダンスⅠ」(1909年)
アンリ・マティス
アンリ・マティス

アンドレ・ドラン

 

チャリング・クロス橋
「チャリング・クロス橋」(1906年)

アンドレ・ドラン(1880~1954)は
マティスと同じフランスの画家です。

フォーヴィスムの運動後は
キュビスムやアフリカ彫刻に
影響を受け、平面的で色彩を
抑えた作風になり、
最終的には古典的なものに
回帰しました。

 

カーニュの風景
「カーニュの風景」(1910年)
死のゲームと静物
「死のゲームと静物」(1928年)
アンドレ・ドラン
アンドレ・ドラン

ブリュッケの美術

 

座る女
キルヒナー「座る女」(1907年)

フォーヴィスムの誕生と同じ年の
ドイツでも若い芸術家たちを中心に、
保守的な社会と芸術に対する反発が
起こりました。

グループの名を「ブリュッケ」といい、
未来の芸術への架け橋になってほしいと
いう願いを込めてつけられました。

ブリュッケの特徴は
不調和な色彩誇張された形態
用いたことです。

それは伝統的な芸術への反抗であり、
急速に近代化した社会に暮らす人々の
孤独や不安を表現する術でもありました。

主なメンバーは、
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エミール・ノルデらです。

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー

 

街
「街」(1913年)

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
(1880~1938)はブリュッケの中心的
存在のドイツの画家です。

キルヒナーの描く人物はどこか生気がなく、
輪郭などが鋭角に表現されています。

近代化の進んだドイツでの不安や苦悩、
社会への反抗などを表現していると
いわれています。

 

街の5人の女
「街の5人の女」(1913年)
病人としての自画像
「病人としての自画像」(1918年)
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー

エミール・ノルデ

 

最後の晩餐
「最後の晩餐」(1909年)

エミール・ノルデ(1867~1956)は
ブリュッケに1年程在籍した
ドイツの画家です。

ノルデの作品は原色を多用した強烈な色彩と
単純化された形態が特色で、ゴッホなどの
影響を感じられます。

孤独を好む性格だったノルデは、
ブリュッケ脱退後、独自の道を歩みました。

 

踊り子
「踊り子」(1913年)
エミール・ノルデ
エミール・ノルデ

青騎士の美術

 

コンポジション?
カンディンスキー「コンポジション?」

ブリュッケの誕生に触発され、
1911年にドイツ南部のミュンヘンで
結成されたグループが「青騎士」です。

もともと青騎士とはグループ名ではなく、
メンバーであるカンディンスキーや
フランツ・マルクが創刊した
芸術年刊誌の名前でした。

決まった主義や様式があるわけではなく、
表現主義であること以外に共通点は
ありません。

主なメンバーに、

  • ワシリー・カンディンスキー
  • フランツ・マルク
  • ガブリエーレ・ミュンター

などがいます。

ワシリー・カンディンスキー

 

印象Ⅲ(コンサート)
「印象Ⅲ(コンサート)」(1911年)

ワシリー・カンディンスキー(1866~1944)
はロシアからドイツへ移ってきた画家です。

作曲家のシェーンベルクと交流があった彼は
音楽と色彩、神秘的なものと色彩の
関係性に興味を示しました。

「印象Ⅲ(コンサート)」は、
シェーンベルクによるピアノの演奏を聞き、
カンディンスキーが受けた衝撃を
黄色という色に置き換えて表現しています。

 

ワシリー・カンディンスキー
ワシリー・カンディンスキー

フランツ・マルク

 

小さな青い馬
「小さな青い馬」(1911年)

フランツ・マルク(1880~1916)は
動物を愛したドイツの画家です。

画家としての活動はわずか10年でしたが、
動物や森をテーマに色彩豊かな作品を
多く手掛けました。

晩年は第一次世界大戦が勃発し
マルクの描く動物たちは魂の塊と化して
形を失いました。

 

戦うフォルム
「戦うフォルム」(1914年)
フランツ・マルク
フランツ・マルク

ガブリエーレ・ミュンター

 

夕日
「夕日」(1909年)

ガブリエーレ・ミュンター(1877~1962)は
カンディンスキーのパートナーとしても
知られている女性画家です。

彼女はカンディンスキーのもとで
表現主義を学び、互いに影響を感じられる
作品を残しています。

カンディンスキーの死後、彼の作品の
大部分を第二次世界大戦から守ったのも
ミュンターでした。

 

メディテーション
「メディテーション」(1917年)
ガブリエレ・ミュンター
ガブリエレ・ミュンター

まとめ

 

赤のハーモニー
まとめ

✓20世紀初頭はヨーロッパ各地で多様な表現主義のグループが誕生した

✓フォーヴィスムの画家たちは色彩を形態から解放させることを目指した

✓ブリュッケのキルヒナーは近代化するドイツの不安や苦悩を表現した

✓青騎士のカンディンスキーは音と色の関係性を表現した

次回はキュビスムを解説します。