北方ルネサンスの特徴や代表作を解説/油彩画技法の完成【西洋美術史⑭】

サムネイル17

 

記事の要約

✓イタリアとは異なる様式

✓細かな描写

✓パノラマ的な風景

 

北方ルネサンスはアルプスより北にある
ヨーロッパで巻き起こった芸術運動です。

ルネサンスと名前がついていますが、
イタリアのそれとは全く異なります。

まずは作品の
画像を確認していきましょう。

モーセの井戸 メロードの祭壇画 アルノルフィーニ夫妻像 「快楽の園」 エジプトへの逃避 雪中の狩人

ヤン・ファン・エイク
ヤン・ファン・エイク
ヒエロニムス・ボス
ヒエロニムス・ボス
ヨアヒム・パティニール
ヨアヒム・パティニール
ピーテル・ブリューゲル
ピーテル・ブリューゲル(父)


美術史年表
15世紀(初期ネーデルラント派)
⇒ファン・エイク、ヨアヒム・パティニールetc…
15世紀(ドイツ)
⇒アルブレヒト・デューラーetc…
15世紀末~16世紀
⇒ボス、ブリューゲル(父)etc…

北方ルネサンスの美術

 

ヤロヴェツ
アルプス山脈の1つ「ヤロヴェツ」

ネーデルラントやフランス、ドイツ語圏の
国々で起こった15~16世紀の芸術運動を
北方ルネサンスと呼んでいます。

 

ネーデルラント
現在のベルギー,オランダあたり

ネーデルラントとは今でいう
オランダやベルギーのある地域のことです。

この場所はかつてのゲルマン民族
住んでいた場所でもあります。

イタリアのルネサンスは古代文化の復興
意味していましたが、北方での復興的活動は
あまりありませんでした。

そこでルネサンスという言葉で
一括りにできないと判断されたことで、
北方ルネサンスという別の表現を
使うようになったそうです。

北方ルネサンスの大まかな特徴は
以下のようになります。

  1. 写実的
  2. 油彩画による細密描写
  3. 宗教的な主題をより身近に
    世界風景(後述)

ではここから代表的な作品と共に
詳しくみていきましょう。

クラウス・スリューテル

 

モーゼの井戸
「モーゼの井戸」1340年

クラウス・スリューテル(1350~1405)
はオランダの彫刻家です。

彼の彫刻は量感を備え、
立体的なドレイパリー、表情に個別性が
あるなどの写実性が確認できます。

この写実的なこだわりがその後の
ネーデルラント芸術の基盤となっていきます。

ロベルト・カンピン

 

メロードの祭壇画

初期ネーデルラント派の
ロベルト・カンピン(1375~1444)は
スリューテルのような現実世界に
基づいた表現や量感のある人体を描きました。

初期ネーデルラント派とは、
15~16世紀にかけてネーデルラントで
活躍した画家や作品群のことをさします。

カンピンの写実的で細密な描写は
ヤン・ファン・エイクにも継承されます。

ヤン・ファン・エイク

 

ヤン・ファン・エイク
ヤン・ファン・エイクの肖像画(?)

ヤン・ファン・エイク(1390~1441)は
油彩画技法を完成させた人物として有名です。

油彩画技法とは顔料を油で溶かした絵具で
描く方法のことで、ぼかしや重ね塗り、絵具を
混ぜ合わせることもできました。

後にヴェネツィアにも伝わり、
多大な影響を与えた技法です。

サムネ

 

アルノルフィーニ夫妻像
「アルノルフィーニ夫妻像」1434年

こちらの作品はファン・エイクの代表作です。
彼の卓越した技術がみてとれます。
中央にある鏡に施された細密描写は圧巻です。

 

拡大図

ヒエロニムス・ボス

 

ヒエロニムス・ボス
ヒエロニムス・ボスの肖像

宗教的な主題に幻想的で謎めいた表現を
組み合わせた作品を作ったのが
ヒエロニムス・ボス(1450~1516)です。

この画家の最も優れた作品の1つが
三連祭壇画です。

 

創世記
創世記

まず外翼には旧約聖書の「創世記」が
描かれています。

左上に神様が描かれており、
大地に海、植物が描かれているので
天地創造3日目の場面だと思われます。

そしてこの扉を開くと、

 

「快楽の園」
「中央パネル 快楽の園」1503年-1504年

左からエデンの園、快楽の園、地獄の
場面が描かれた作品が現れます。

この作品には謎めいた行為や動植物が
多数描かれています。
現在でもそれらの意味のほとんどが不明です。
とはいえボスもまた、ネーデルラントの
写実主義的な絵画の流れに属しています。

ちなみにボスは
イタリアのレオナルド・ダ・ヴィンチと
同時代の画家です。

ヨアヒム・パティニール

 

エジプトへの逃避
エジプトへの逃避

ベルギーの画家、
ヨアヒム・パティニール(1470~1524)は
世界風景と呼ばれる作品を描いたことで
有名です。

世界風景とは空から見下ろしたように広大な
風景を描いた絵のことで、パティニールは
その中に宗教的なモチーフを描くことで
宗教をより身近なものに感じさせました。

 

ステュクス川を渡るカロン
「ステュクス川を渡るカロン」1515年 – 1524年

こちらはパティニールの別の作品。
ギリシャ神話が題材です。
この作品でもパノラマ的な風景が
際立っています。

パティニールは
北方ルネサンス風景絵画の先駆者とも
いわれています。

ヨアヒム・パティニール
ヨアヒム・パティニールの肖像画

ピーテル・ブリューゲル

 

雪中の狩人
「雪中の狩人」1565年

16世紀後半には
ピーテル・ブリューゲル
(父:1525~1569)が
風景画と風俗画の要素を掛け合わせた
絵画を生み出しました。

彼の作品にも先程の
世界風景の要素を感じます。

 

バベルの塔
「バベルの塔」1563年

ブリューゲルはこちらの作品でも有名です。

この作品でも北方ルネサンスの特徴である
細密描写とパノラマ的な風景が
掛け合わさっています。

 

ピーテル・ブリューゲル
ピーテル・ブリューゲル肖像画

まとめ

 

ファン・デル・パーレの聖母子
まとめ

✓ファン・エイクが油彩画技法を完成させた

✓パティニールは北方ルネサンス風景絵画の先駆者といわれている

✓北方ルネサンスは細密描写やパノラマ的風景画が特徴

次回はドイツのルネサンスを解説します。

 

サムネイル18