古代ローマ美術の特徴を解説/ギリシャ美術を模倣します【西洋美術史③】

サムネイル4

 

記事の要約

☑ローマ人を魅了したギリシャ美術

☑ローマ帝国内で大人気

☑ギリシャ美術をまねて作った


 

紀元前27年頃、
ローマ帝国が誕生します。
そしてローマ帝国内では
ギリシャ美術が高い人気を誇りました。

あまりの人気で供給がおいつかなくなると、
ローマ人はローマン・コピーと呼ばれる
コピー作品を作り出すようになります。

また、この時代は皇帝を称える肖像彫刻
歴史を記録する記念碑も作られました。

まずはこの時代の作品の
画像を確認していきましょう。

プリマ・ポルタのアウグストゥス コロッセウム 秘儀荘 パンテオン



美術史年表
ローマ帝国誕生
紀元前27年
☑イエス=キリスト誕生
⇒紀元前4年
☑キリスト磔刑
⇒西暦30年
コロッセウム建築
⇒西暦70~90年
ヴェスヴィオ火山噴火
⇒西暦79年



ローマ美術

 

ローマ

紀元前8世紀末頃からイタリア中部で
エトルリア人と呼ばれる民族が
独自の美術を育んでいました。

後に世界的な大帝国となる都市国家ローマは、
紀元前6世紀にこのエトルリア系の王を退けて
領土をどんどん拡大していきます。

そしてポエニ戦争の戦利品としてギリシア美術が
大量に入ってくると、
ローマの人々はその美しさに目を奪われ、
ギリシア風に生きることが流行しました。

ローマ人たちは競って
ギリシャ風の建物等を作り、
クラシックヘレニズム様式
作品が並びました。

プリマ・ポルタのアウグストゥス

 

プリマ・ポルタのアウグストゥス
プリマ・ポルタのアウグストゥス(14-29年頃)

アウグストゥスはローマ帝国最初の皇帝です。

秩序と安定を重視したアウグストゥスは
都市に水道を引いたり、娯楽施設として
公共浴場や劇場、闘技場、広場や神殿などを
建設したりと、高度な都市計画を実行しました。

画像は皇帝を称える彫刻で、
ギリシャ時代の作品を手本としています↓

槍を担ぐ人
槍を担ぐ人

ローマ人はギリシャ彫刻の肉体表現を参考に、
個人の特徴をとらえた肖像彫刻の表現を
深めていきました。

コロッセウム

 

コロッセウム
コロッセウム(70-90年頃)

有名なコロッセウム(コロッセオ)は
ローマ時代に建設されました。

壁体に掛かる重圧を均等に分けるアーチ構造や、
強度と耐久性に優れた
ローマンコンクリートを使い、
古代ローマ人の建築技術を
結晶させた闘技場です。

古代ローマ壁画

 

秘儀荘
秘儀の間壁画 第2様式(紀元前70-50年頃)

ナポリ近郊のポンペイ遺跡には
古代ローマ壁画の遺例があります。

壁画は鮮やかな赤色を下地に描かれていて、
その色をポンペイの赤と呼んでいます。

このポンペイは79年の
ヴェスヴィオ火山の噴火で埋没しますが、
1748年に始まる発掘調査で再発見され、
当時の美術に大きな影響を与えます。

パンテオン

 

パンテオン
パンテオン(118-125年)

ギリシャ語で万(よろず)の神々
意味するパンテオンは、
ローマすべての神々を祀ってある神殿です。

床から天井までの高さと内径が共に43.3mで、
球体を内包する完璧に秩序だった空間です。

パンテオン内部
パンテオン内部

一角には、
あのルネサンスの巨匠ラファエロの
墓所があります。

戦勝記念碑

 

トラヤヌス記念柱(107-113年)

メソポタミア文明で
ナラム・シンの石碑が作られたように、
帝政下のローマでも皇帝の素晴らしさを称える
戦勝記念碑などが作られました。
ちなみにトラヤヌスはローマ14代目の皇帝です。

(アウグストゥスの時代から
100年足らずで皇帝が何度も変っています)

トラヤヌスの記念柱
トラヤヌスの記念柱(一部)

画像のトラヤヌス記念柱は
18個の大理石製円筒ブロックを重ねたもので、
ローマ帝国の勝利や皇帝の英雄伝を
図像で記録しています。

まとめ

 

コロッセウム
☑ギリシャ美術がローマへ大量に持ち込まれると、ローマ人たちはギリシャ美術の虜になった

☑広大な領域を統治するために、皇帝を称える肖像彫刻や、モニュメンタルな建築、戦勝記念碑などが作られた

次回は初期キリスト美術を解説します。