印象派の特徴や代表作、時代背景を解説【西洋美術史㉗】

サムネ

 

記事の要約

✓マネが印象派世代の到来を準備した

✓グループ展を行った印象派

✓筆触分割という技法を使った

 

印象派とは19世紀の後半に
フランスで発した芸術運動、
もしくはその運動を推進した
グループのことをいいます。

印象派の特徴を簡潔に言うと
以下のものです。

  1. 近代都市パリの風俗画や風景画を描いた
  2. 屋外で絵を制作し、パレット上で混色しない筆触分割の技法を用いた
  3. 1874年から独自のグループ展を開催した

ここからは以上のことを踏まえながら
詳しく印象派をみていきたいと思います。

まずはこの時代の作品の
画像を確認していきましょう。

印象・日の出 エトワール ラ・ジャポネーズ うちわを持つ少女

エドゥアール・マネ
エドゥアール・マネ
クロード・モネ
クロード・モネ
エドガー・ドガ
エドガー・ドガ


美術史年表
印象派(1860年~)
⇒モネ、ドガ、ルノワールetc…
✓ポスト印象派(1890年頃~)
⇒ゴッホ、ゴーギャンetc…

印象派の美術

 

エトワール凱旋門界隈

19世紀の半ば、
セーヌ県知事のオスマン男爵は
道路網や上下水道、街頭の整備など
パリの大改造を行いました。

そしてパリは近代都市へと
生まれ変わります。

 

オペラ座
パリ・オペラ座

同時期、シャルル・ガルニエによって
建造されたオペラ座は当時のパリを
代表する建築物です。

この場所は社交界の重要な舞台と
なりました。

このように賑やかで活気に満ちた
パリは人々の「見る」欲望をかきたて、
19世紀後半には観光記念写真が盛んに
撮られたようです。

マネの絵画

 

草上の昼食
マネ「草上の昼食」(1862‐1863年)

そんな近代化が進むパリで、
それまでの伝統をくつがえす絵画を
エドゥアール・マネ(1832~1883)が
発表しました。

それが「草上の昼食」です。

マネは近代都市の人々の生活を描いた
最初の画家といわれています。

マネは他にも1865年のサロンに
「オランピア」という作品を出展しています。

 

オランピア
マネ「オランピア」(1863年)

こちらの作品はヴィーナス像の
形式を借りながら高級娼婦の姿を
描いています。

どちらもマネの代表作ですが
斬新なテーマに加え、
筆触がわかるほど絵具の塗りの粗さを
残す手法が使われており、
当時のアカデミーの常識を大きく
逸脱するものでした。

当然サロンでは非難を浴びることに
なったマネですが、彼の新しい芸術家としての
あり方は後の印象派の世代を準備する
ことになるのでした。

2番目に個展を開催したマネ

サロンで非難を浴びたマネは、写実主義のクールベに続き、世界で2番目に個展を開催しました

 

エドゥアール・マネ
エドゥアール・マネ

印象派展

 

マネのスキャンダルから少し経った
1874年、サロンへの挑戦を続けるも
なかなか認められない画家達がいました。

それがモネやドガ、ルノワールらを中心とした
画家達です。

彼らもまたアカデミーの推奨する歴史画や
神話画を描くことよりも、近代パリの風俗や
風景を、独自の技法で描き続けていました。

そこで彼らは1874年に自分たちで
会場を借りて独自のグループ展を開催します。

 

印象・日の出
モネ「印象・日の出」(1872年)

クロード・モネ(1840~1926)の
「印象・日の出」はグループ展の第1回に
出展された作品です。

この作品には大胆な色彩と平面的な筆致による
筆触分割が顕著にみられます。

筆触分割

色を混ぜ合わせるのではなく、一つ一つの筆触が隣り合うように配置する、印象派の画家達が用いた技法

この作品をみた当時の評論家は
「風景ではなく印象しか描かれていない」
と軽蔑の念と悪意をこめて評し、
グループ展のことを「印象主義の展覧会」
と呼びました。

そしてこの命名が後に定着し、
「印象派」という言葉が生まれたのでした。

 

クロード・モネ
クロード・モネ

エドガー・ドガの絵画

 

エトワール
ドガ「エトワール」(1878年)

モネと同時代の画家で、
歌手や舞台裏の踊り子を好んで
描いた画家もいました。

エドガー・ドガ(1834~1917)です。

銀行家の裕福な家庭に生まれ、
オペラ座の定期会員であったドガは、
楽屋や稽古場に自由に立ち入ることが
許されていました。

 

バレエのレッスン
ドガ「バレエのレッスン」(1874年)

印象派の他の画家達が
屋外の自然の光の下で制作を
行っていたのに対し、
ドガの関心は常に都市生活と
その中の人々にありました。

 

エドガー・ドガ
エドガー・ドガ

ジャポニズム

 

万国博覧会
パリ万国博覧会(1900年)

1851年にロンドンで始まった
万国博覧会は、その後半世紀の間に
5回にわたってパリでも開催されました。

そこでは日本美術も出展され、
ヨーロッパ美術に多大な影響を
もたらしました。

なかでも遠近法にとらわれない
浮世絵などは、画家達にとって
大きな発見を与えたそうです。

印象派の画家達の作品にも、
日本の影響を受けた作品が数多く
存在しています。

 

ラ・ジャポネーズ
モネ「ラ・ジャポネーズ」(1876年)
うちわを持つ少女
ルノワール「うちわを持つ少女」(1881年)

このような19世紀の後半からヨーロッパで
流行した日本趣味のことをジャポニズム
よんでいます。

まとめ

 

印象・日の出
まとめ

✓マネの作品や活動は印象派の画家達に影響を与えた

✓印象派の特徴は筆触分割という技法に加え、グループ展を行ったこと

✓モネらが行ったグループ展の酷評がもとで「印象派」という言葉が生まれた

✓万国博覧会を機に日本の美術がヨーロッパでブームとなった

次回はポスト印象派を解説します。

 

サムネ