バロック美術その③!スペインでのバロック美術を解説!【西洋美術史⑲】

サムネイル22

 

この記事では
☑美術史を学べる!

☑スペイン・バロックがわかる!

☑宮廷美術が発展します!

 

どうも、MOTOです!

バロック時代のスペインは宮廷美術が発展したことが特徴です!

有名なハプスブルク王家は、王宮装飾をヨーロッパ最高水準のものにしようと努めました。

また、イタリアの画家カラヴァッジョの影響を受けた作品も多いです。

まずは代表的な作品を画像で確認しましょう!

聖ヨハネの幻視 「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」 世の栄光の終り ラス・メニーナス エル・エスコリアル修道院

サムネイル21

その他のバロック解説記事はコチラ!

 

美術史年表
〇マニエリスム(16世紀半ば~)
⇒ジュリオ・ロマーノ、アルチンボルド、ジャンボローニャ…
〇バロック(16世紀末~18世紀初頭)
⇒カラバッジョ、カラッチ一族、ベルニーニ…



スペインでの盛期バロック美術

 

フェリペ2世
フェリペ2世

それまでのスペインはルネサンスの影響をあまり受けず、美術面での大きな発展は見られていませんでした。

そんな中、スペイン美術に多大な影響をもたらしたのがエル・グレコです!

また、17世紀に入ると宗教画と宮廷美術の2つの方面で発展をみせます。

エル・グレコの活躍

 

エル・グレコ
エル・グレコ

エル・グレコ(1541~1614年)はマニエリスムの画家として有名です。

イタリアに10年ほど滞在し、ヴェネツィア派の色彩やミケランジェロの造形性を学んだ後、マニエリスムの幻想的で引き伸ばされた人体表現を習得しました。

その後スペインに渡り、対抗宗教革命の拠点だったトレドで神秘的な宗教画を制作しました。

聖ヨハネの幻視
「聖ヨハネの幻視」(1608‐1614年)

ルネサンスの影響が薄かったスペインに、新たな美術の可能性を伝達したのです。

サムネイル19

リバルタ「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」

 

「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」
「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」(1625~1627年)

スペインにもイタリアの画家カラヴァッジョの影響がありました。

フランシスコ・リバルタ(1565~1628年)はカラヴァッジョの明暗法をスペインで確立しました。

徹底した写実性と深い明暗効果を用いて、スペイン・バロックの迫真性を示しています。

レアール「世の栄光の終り」

 

世の栄光の終り
「世の栄光の終り」(1671年頃)

セビーリャには貧しい病人たちが介護される聖堂がありました。

そこにはファン・デ・バルデス・レアール(1622~1690年)のヴァニタス画あり、現世の富と栄誉のはかなさが示されています。

ヴァニタス画
静物画の1つで、人生の空しさを表現している絵のこと

レアールのヴァニタス画は徹底された写実性と明暗の対比により劇的に描かれており、バロック美術の特徴をみることができます。

ベラスケス「ラス・メニーナス」

 

ラス・メニーナス
「ラス・メニーナス」(1656年)

レアールのヴァニタス画がある一方で、首都のマドリードでは宮廷美術が発展し、セビーリャ出身のディエゴ・ベラスケス(1599~1660年)は宮廷画家として君臨します。

ラス・メニーナスにはマルガリータ王女や女官たちが描かれており、宮廷の人々が鑑賞者の方を見ているかのような感覚に陥ります。

ベラスケスの卓越した着想が生んだイリュージョンです。

ちなみにこの絵は制作から200年後、近代絵画の父マネを魅了することになります!

エレーラ様式「エル・エスコリアル修道院」

 

エル・エスコリアル修道院

最後にエレーラ様式というスペイン絶頂期の建築様式を紹介します。

16世紀から17世紀にかけてスペインは大規模な建築物を各地に建築しました。

エスコリアル修道院はフェリペ2世の注文で建てられたもので、聖堂を中心として、4つの中庭、周囲に王宮、修道院、学校や図書館など、スペイン最大規模の複合建築物です!

長方形の四方には塔があり、簡素な形式は建築家の名をとってエレーラ様式と称されました。

まとめ

 

ラス・メニーナス
☑マニエリスムの画家エル・グレコがスペイン美術の発展に貢献した

☑カラヴァッジョの明暗法や劇的な構図はスペイン・バロックにも影響を与えた

☑スペインでは宮廷美術が発展し、ベラスケスのような宮廷画家が登場した

次回はバロック美術④(フランスでのバロック美術)を解説します!

サムネイル23