象徴主義の特徴や画家、代表作を解説【西洋美術史㉙】

 

記事の要約

✓目に見えない世界を描いた

✓死や愛、幻想がテーマ

✓内面の世界を探求した

 

象徴主義の特徴は
印象派のように風景や人物など
目にみえるものを描くのではなく、
「死」や「愛」など
目にみえない世界を描いたことです。

アカデミックな美術への反発として
印象派が誕生し、一方では象徴主義の
ような傾向も見られていました。

まずは象徴主義の代表作の
画像を確認していきましょう。

オルフェウス 眼=気球 死の島 接吻 叫び

ギュスターヴ・モロー
ギュスターヴ・モロー
オディロン・ルドン
オディロン・ルドン
アルノルト・ベックリン
アルノルト・ベックリン
グスタフ・クリムト
グスタフ・クリムト
エドヴァルド・ムンク
エドヴァルド・ムンク


美術史年表
象徴主義(1850年~)
⇒モロー、ルドン、ベックリンetc…
印象派(1860年~)
⇒モネ、ドガ、ルノワールetc…
✓ポスト印象派(1890年頃~)
⇒ゴッホ、ゴーギャンetc…

象徴主義の美術

 

エトワール凱旋門界隈

19世紀のヨーロッパは資本経済が生まれ、
近代化が進んだ時代でした。

一方街のインフラが整い
経済・物質的に豊かになった街で、
物質主義のような人々が
増えた時代でもありました。

物質主義

お金や物品などを他のものごとより優先させる態度のこと

象徴主義はそんな物質主義への
反発から生まれ、
目にみえない精神的なものを
おいかけました。

ちなみに象徴主義には
イギリスのラファエル前派や
ポスト印象派のゴーギャン、
クリムトなども含まれます。

ギュスターヴ・モロー

 

オルフェウス
「オルフェウス」(1865年)

象徴主義の代表的な画家として
ギュスターヴ・モロー(1826~1898)
がいます。

印象派の画家らと同時期に活躍した
モローは、聖書や神話を題材にした
想像と幻想の世界を描き続けました。

また、官立美術学校で教授をしていた
モローは後のフォーヴィスムの芸術家である
マティスアンドレ・ドランに指導を
行いました。

ギュスターヴ・モロー
ギュスターヴ・モロー

オディロン・ルドン

 

眼=気球
「眼=気球」(1878年)

オディロン・ルドン(1840~1916)は
モローと同じフランスの画家です。

彼ももっぱら幻想の世界を
描き続けました。

「目=気球」はモノクロの作品と
いうこともあり、どこか怖いイメージが
ありますが、ルドンはその他にも
人の顔をした蜘蛛など、
ユーモラスな作品も描いています。

蜘蛛
「蜘蛛」(1887年)
オディロン・ルドン
オディロン・ルドン

アルノルト・ベックリン

 

死の島
「死の島」(1880年)

アルノルト・ベックリン(1827~1901)は
スイス出身の象徴主義の画家です。

スイス出身ですが
主にイタリアやドイツで活動しました。

「死の島」は代表作の1つであり、
彼自身このモチーフに魅了されていたようで
同じ題材で5作品描いています。

死の島は第一次世界大戦後のドイツで
非常に人気があったようで、
あのヒトラーもベックリンの作品を
収集していたことがわかっています。

アルノルト・ベックリン
アルノルト・ベックリン

グスタフ・クリムト

 

接吻
「接吻」(1908年)

グスタフ・クリムト(1862~1918)は
オーストリアの画家です。

彼の作品は女性の裸体や妊婦など、
官能的なテーマである一方で
常に死の香りを感じさせます。

日本美術にも関心があり、
浮世絵や琳派の影響を受けた
作品もあります。

アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I
「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」(1907年)
グスタフ・クリムト
グスタフ・クリムト

エドヴァルド・ムンク

 

叫び
「叫び」(1893年)

エドヴァルド・ムンク(1863~1944)は
ノルウェー出身の画家です。

代表作に有名な「叫び」があり、
ノルウェーでは国民的画家となっています。

ムンクは他の象徴主義の画家同様、
「内部の世界」を追求しましたが、
彼にとってのそれは不安に満ちた
夜の世界であったと言います。

病的なまでに敏感な感受性に
恵まれていたムンクは、
内面の表現という点に関して
ゴッホよりはるかに先まで進んだ
画家の一人だと評されています。

エドヴァルド・ムンク
エドヴァルド・ムンク

 

まとめ

 

死の島
まとめ

✓目にみえない世界、内面の世界を探求したのが象徴主義の特徴

✓物質主義への反発だった

✓夢、死、幻想、愛などがテーマとして多い

次回はフォービスムを解説します。

 

サムネ