西洋美術は「彫刻」抜きには語れないのレビュー

 

記事の要約

✓論理的・体系的に彫刻を学べる一冊

✓西洋美術における彫刻の歴史

✓絵画よりも身近にあるアート

 

彫刻のとらえ方=
彫刻×背景×自分が鑑賞する角度
堀越 啓

この記事では翔泳社出版の
『西洋美術は「彫刻」抜きには語れない』を紹介し、レビューしたいと思います。


西洋美術は「彫刻」抜きには語れない

 

著者の堀越さんは上智大学の経営学科を
卒業後、大手一部上場メーカーにて
企画畑を歩まれたの後にSDアートに入社。
2015年に代表取締役に就任し、現在も
全国の美術館や美術関係者と仕事を行い、
コンサルティング業なども実施しています。

 

こちらも堀越さんの本です

以前に出版した「論理的美術鑑賞」は
累計2万部を突破し、台湾、韓国でも
翻訳・出版されています。

経営者でもあり、自身でコンサル業も
行われている堀越さんの著書の内容は、
非常に理論的、体系的に
まとめられているのが特徴的で
「アートを理解」するのに役立ちます。

中でも今回紹介する本は
彫刻に焦点が絞られており、
アート初心者の方はもちろんのこと

  • 彫刻は難しそうだと思っている方
  • 絵画に比べ地味だと思っている方
  • 美術館でも彫刻をスルーしていた方

などにもオススメしたい一冊です。

なぜ、いま「彫刻」なのか?

 

「絵画を鑑賞する場所」と聞かれれば
多くの人が美術館を想像すると思います。

一方、彫刻も美術館にありますが
実はもっと私たちの近くにもあったりします。

 

答えは屋外(街中)です。

基本的に絵画は屋外に展示することが
できませんが、彫刻は屋外にも展示が
可能で、それにより広い空間を活用できたり
季節や天気で味わいが変化するのも特徴です。

近年ではパブリックアートなど
街中に芸術を組み込む活動も活発化したり、
普段気軽に触れることのできるアート
彫刻といえるかもしれません。

 

加えて堀越さんは、2020年以降は
コロナによって三密という考え方が浸透し、
美術館に対しても無意識に(心理的)バリアが
生まれているのではと問いかけたうえで、
屋外でも展示できる彫刻を鑑賞することは
そんなバリアをやわらげ、アート欲を
満たしてくれる存在であったと語っています。

 

屋外に設置される彫刻たちは、
その魅力を再認識することで、

私たちの日常に美という彩りを与えてくれる。
だから今こそ、彫刻に注目すべきなのです。

この本のポイント①

 

この本は以前出版された
「論理的美術鑑賞」と同様に、
作品画像だけでなくグラフや図を用いて
論理的・体系的に彫刻に関する知識を
学んでいくことができます。

また、タイトルにもあるように
西洋美術史を語るうえで避けては通れない
彫刻の歴史を5つの時代に分けて、
各々の代表作品や時代背景、特徴を
わかりやすく解説してくれています。

大見出しは以下のとおりです。

  1. 彫刻はこんなにおもしろい
  2. 彫刻から美術史が簡単に理解できる
  3. 彫刻作品を鑑賞するコツ
  4. これだけは押さえたい彫刻作品
  5. 彫刻で人生は豊かになる

オススメしたい人

 

今回の本を特にオススメしたい人は
以下のような方です。

  1. アートに全く詳しくない方
  2. 身近にあるアートに気付きたい方
  3. 西洋絵画の勉強をしてきた方

②に関して、アートというのは
「知っていれば見えてくるもの」が
必ず存在します。

先ほど述べた街中にある彫刻作品に
関しても同様で知らないから気付かない、
今までスルーしていたことが沢山あります。

ですので視野を広げたい方や
感性を磨きたい方にオススメです。

また、私のように絵画の方はある程度
勉強してきたけど彫刻はあまり…
という方も彫刻を理解することで
見えてくる西洋絵画の世界もあります。

絵画を鑑賞するうえでも彫刻を
学ぶことは絶対無駄になりませんので、
③のような方にもオススメします。

反対に、
特定の彫刻家や時代を勉強したい方、
理屈っぽいのが苦手な方は
他の本にしておきましょう。

まとめ

 

まとめ

✓初心者が彫刻の知識を学ぶのにオススメな本

✓西洋美術史における彫刻の流れを掴める

✓アートの存在をもっと身近に感じることができる

気になった方は
ぜひ店頭で手に取ってみて下さい。