マニエリスムから印象派までをざっくりと解説【西洋美術史入門】

 

記事の要約

✓印象派までをざっくりと

✓時代と共に変わる表現方法

✓宗教画以外のジャンルの登場

 

この記事はマニエリスムから印象派まで
西洋美術史を年表に沿ってまとめました。

大まかな流れの学習・確認に
活用してください。


西洋美術史入門

 

印象・日の出

マニエリスムから印象派まで、
ざっくりと以下の時代を確認していきます。

  1. マニエリスム(1530年~)
  2. バロック(1580年~)
  3. ロココ(1730年~)
  4. 新古典主義(1770年~)
  5. ロマン主義(1790年~)
  6. 写実主義(1830年~)
  7. 印象派(1860年~)

マニエリスム美術

 

受胎告知
エル・グレコ「受胎告知」

16世紀のイタリアは宗教革命や戦争など、
社会的・宗教的にも不安定な時代に入ります。

そんな時代にはルネサンスのような
調和のとれた、安定した構図ではなく
不安感や緊張の伴う作品が作られるように
なりました。

 

ヘレネーの陵辱
プリマティッチオ「ヘレネーの陵辱」

マニエリスムとはイタリア語で
様式や手法を意味するマニエラという
言葉からきています。

自然な比率を無視した極端な長身化や
遠近法の拡張、冷たく鮮やかな色調と
いった特徴があります。

 

マニエリスム美術
  1. 年代
    1530年頃~1600年頃まで
  2. 場所
    イタリア全域
  3. 作られたもの
    絵画や彫刻
  4. 特徴
    極端な長身化や冷たく鮮やかな色調など
  5. 有名な芸術家
    エル・グレコ、ジュリオ・ロマーノなど
サムネイル19

バロック美術

 

聖マタイの召命
カラヴァッジョ「聖マタイの召命」

バロックは
ポルトガル語で歪んだ真珠を意味する
バロコが語源となっています。

この時代に起こった大きな出来事に
宗教革命があります。

ドイツのマルティン・ルターが
発端となり起こった宗教革命は、
カトリックとプロテスタントの
分派に繋がりました。

 

「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」
リバルタ「聖ベルナルドゥスを抱擁するキリスト」

バロック美術の特徴を簡潔に言うと
ダイナミックな構図明暗の強調などです。

ただしそれらは主にカトリック教が占めていた
国でいえる特徴であり、
プロテスタントの国では
異なる特徴を示しました。

詳しくは以下の記事をどうぞ↓

 

サムネ
サムネイル
バロック美術
  1. 年代
    16世紀末から18世紀初頭
  2. 場所
    ヨーロッパの大部分
  3. 作られたもの
    絵画、彫刻、建築
  4. 特徴
    ダイナミックな構図や明暗の強調など
  5. 有名な芸術家
    カラヴァッジョ、ルーベンス、カラッチなど
サムネイル20

ロココ美術

 

シテール島への巡礼
アントワーヌ=ヴァトー「シテール島への巡礼」

ロココの語源である
ロカイユは装飾用語で、
小石や貝殻をちりばめた装飾
さす言葉です。

フランスではルイ14世が亡くなり、
フィリップ2世がまだ幼いルイ15世の
摂政となると、時代は享楽的な貴族文化へと
変化していきました。

 

ブランコ
フラゴナール「ブランコ」

貴族と上流市民によるサロンの文化から
生まれたロココ美術は、
装飾的かつ曲線的で、優雅な美しさ
が特徴です。

サロン

フランスなどの上流社会で行われた社交的集会のこと

 

ロココ美術
  1. 年代
    1730年頃~1770年頃
  2. 場所
    フランスからヨーロッパ各国へ
  3. 作られたもの
    絵画、室内装飾、家具、建築など
  4. 特徴
    装飾的で曲線的、優雅な美しさ
  5. 有名な芸術家
    ヴァトー、フラゴナールなど
サムネイル

新古典主義

 

ホラティウス兄弟の誓い
ダヴィッド「ホラティウス兄弟の誓い」

18世紀の後半、フランス革命が起こり
それまでの絶対王政と封建制度が
崩壊しました。

それにより享楽的なロココ美術は衰退し、
ギリシャ・ローマを古典として復興を
目指した新古典主義が新たな芸術思潮と
なりました。

 

ホメロス礼賛
アングル「ホメロス礼賛」

新古典主義の特徴は
直線的で左右対称など幾何学的で
秩序だった造形や構図です。

 

新古典主義
  1. 年代
    18世紀中頃から19世紀初頭
  2. 場所
    ローマからヨーロッパ各国へ
  3. 作られたもの
    絵画、彫刻、建築など
  4. 特徴
    直線的、左右対称、幾何学的
  5. 有名な芸術家
    ダヴィッド、アングルなど
サムネイル

ロマン主義

 

民衆を導く自由の女神
ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」

ナポレオンの敗北と共に
新古典主義が衰退してきた頃、
また新たにロマン主義という
芸術思潮がでてきます。

ロマン主義の特徴は
動きを出した筆致や動的な構図
歴史上の出来事をテーマにするのではなく
今(時事的な出来事)を描いたことです。

新古典主義の特徴と大きく異なります。

 

乾草車
コンスタブル「乾草車」

また、この時代は風景画が
生まれたことも特徴的です。

実はそれまでの風景は
理想化して描かれることが普通で
見たままを描くことはありませんでした。

それまで絵画の主流であった
宗教画や神話画ではなく、
風景画などの異なるジャンルが
台頭してきた時代ともいえます。

 

サムネ
ロマン主義
  1. 年代
    18世紀末から19世紀前半
  2. 場所
    ヨーロッパ各国
  3. 作られたもの
    絵画など
  4. 特徴
    動きのある筆致や構図など
  5. 有名な芸術家
    ドラクロワ、ターナーなど
サムネイル

写実主義

 

落穂拾い
ミレー「落穂拾い」

19世紀中頃になると、
現実をあるがままに描くことを重視した
写実主義の画家達が誕生します。

その背景にはイギリスから始まった
産業革命があり、経営者と労働者の間に
貧富の差が生まれ、公害などの新しい問題が
増えてきた時代でした。

 

石割人夫
クールベ「石割人夫」

写実主義で有名な画家、
ギュスターヴ・クールベは
労働者や農民の生活に強い関心を示し、
産業革命の裏で苦しむ人々を描くことで
社会的な抗議を唱えました。

 

写実主義
  1. 年代
    19世紀中頃~
  2. 場所
    フランスやイギリス、ロシアなど
  3. 作られたもの
    絵画など
  4. 特徴
    見たまんまを誇張せずに描く
  5. 有名な芸術家
    クールベ、ミレーなど
サムネ

印象派

 

印象・日の出
モネ「印象・日の出」

印象派とは19世紀の後半に
フランスで発した芸術運動、
もしくはその運動を推進した
グループのことをいいます。

この時代、セーヌ県知事の
オスマン男爵によりパリの大改造が行われ、
パリは近代都市へと生まれ変わりました。

 

エトワール凱旋門界隈

印象派の画家達はそんな
賑やかで活気に満ちたパリの姿を
屋外で鮮明に描こうと試みました。

印象派の特徴は以下のものがあります。

  1. 近代都市パリの風俗画や風景画を描いた
  2. 屋外で絵を制作し、パレット上で混色しない筆触分割の技法を用いた
  3. 1874年から独自のグループ展を開催した

 

ラ・ジャポネーズ
モネ「ラ・ジャポネーズ」

また、この時代は5回にわたって
万国博覧会がパリで開催され
日本美術がヨーロッパに大きな影響を与え、
ジャポニズムと呼ばれる日本ブームが
起こったことでも有名です。

 

印象派
  1. 年代
    19世紀後半~
  2. 場所
    主にフランス
  3. 作られたもの
    絵画など
  4. 特徴
    パリの風景画などを筆触分割法で描いた
  5. 有名な芸術家
    モネ、ルノワールなど
サムネ

まとめ

 

絵画鑑賞
まとめ

マニエリスム(1530年~)
⇒極端な長身化や冷たく鮮やかな色調

バロック(1580年~)
⇒ダイナミックな構図や明暗の強調

ロココ(1730年~)
⇒装飾的で曲線的、優雅な美しさ

新古典主義(1770年~)
⇒直線的で左右対称、秩序だった構図

ロマン主義(1790年~)
⇒動的な筆致や構図、時事ネタをテーマに

写実主義(1830年~)
⇒見たまんまを誇張せずに表現

印象派(1860年~)
⇒パリの風景を筆触分割で鮮やかに表現