宗教画を学ぶのにオススメな本4選【初心者向け】

 

記事の要約

宗教画を学びたい人向け

わかりやすいものだけ

タイプの違うものを紹介

 

アートは自由に楽しめるものですが、
宗教画に関しては一定の知識
必要になってくると思います。

特に日本では無宗教の人も多いので
旧約・新約聖書をテーマにした宗教画は
鑑賞するのにやや敷居が高いはずです。

そこで今回は宗教画を
学びたい人に向けてオススメの本を
4冊選びました。



宗教画を学ぶのにオススメな本4選

 

今回ご紹介する4冊は
それぞれタイプが違うので↓

  1. 文字の量
  2. 画像の量(実際の作品画像)
  3. わかりやすさ(個人的に)
  4. 情報量(宗教画に関するもの)
  5. 補足

といった感じで
それぞれを5段間評価(☆)
紹介したいと思います。

では、早速いきましょう。

①西洋絵画のひみつ

 

まずは藤原えりみさんの
西洋絵画のひみつです。

こちらの本はイラストを多めに用いて、
絵本のような感じでわかりやすく
旧約・新約聖書の流れを
解説してくれます。

他にもギリシャ神話のことなども
学べます。

知識0からのスタートには
最適な本として紹介させて頂きます。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆
  5. 補足
    読みやすくて初学者にオススメです。
    まずは広く浅く学ぶといったイメージで
    カジュアルかつ気軽に読めます。

 

上位レビュー

 

☆4以上のレビュー

せっかく美術館で絵画を見るなら理解したい。と言うことでこうした書籍は手元にあると重宝します。綺麗、美しいの先にある歴史文化を理解するのは、ちょっと成長した気持ちにしてくれます。知ってつもりでも理解してないことって沢山ありますし。立ち帰る場所と言う意味で良書だと思います。
あまり馴染みのない洋画に秘められた当時の社会的背景や宗教的な部分と絵画との繋がりを、分かりやすく書かれてます

 

☆3以下のレビュー

西洋絵画のヒミツ、というより主に宗教画の解説。になってる気がしなくもない。ただ、それら絵画の産まれた背景、絵に含まれるものの意味などがわかりやすく解説されていて良かった。個人的にはもう少し絵画数を増やして欲しかったので☆三つ。挿絵がいちいち面白い。

 

 

②イラストで読むシリーズ

 

次は杉全美帆子さんの
イラストで読むシリーズです。

こちらの本も
イラスト多めでわかりやすく
聖書の内容を学べます。

旧約・新約で1冊ずつ出版されており
的を絞った学習ができます。

個人的に、1冊目に紹介した
西洋絵画のひみつが絵本のような
雰囲気だとしたら、こちらの
シリーズは漫画のような印象です。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆
  5. 補足
    旧約・新約とテーマごとに
    わかれている分、情報量は多いです。
    漫画を読んでいる感覚で
    学ぶことができます。

 

上位レビュー

 

☆4以上のレビュー

聖書をいつか読んでみたい!でも難しそう、、。と敬遠していましたが、イラストも文章もとてもわかりやすく、楽しみながらあっという間に読み終えました。著者のシリーズは読みやすくて大好きです。
聖書の解説書は数多あると思いますが、一番分かりやすく的を射ています。あと日本語訳の聖書が有れば十分だと思います。

 

 

③名画で読み解く「聖書」

 

大島力さんの
名画で読み解く「聖書」
タイトルにあるように、
実際の作品画像を用いて、
聖書の内容を場面ごとに解説して
くれます。

カラー写真でとても見やすく、
旧約・新約の両方を学ぶことが
できます。

実際の作品を見ながら
学びたい人にオススメです。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆☆☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆☆
  5. 補足
    聖書の場面ごとに
    実際の作品を用いて解説しており、
    辞書のような使い方もできます。

 

上位レビュー

 

☆4以上のレビュー

大変気に入って読ませて頂いております。絵とその説明がとても分かりやすく 楽しみながら学ばせて頂いております。買って良かったです
名画の写真を見ながら、有名な聖書の物語を解説しているので聖書への案内書として良いと思った。写真も綺麗で良かった。

 

☆3以下のレビュー

絵画の解説ばかりで聖書との関連に関する踏み込みが浅い。

 

 

④名画と読むイエス・キリストの物語

 

イエス・キリストの物語

最後は怖い絵シリーズで
有名な中野京子さんの
名画と読むイエス・キリストの物語です。

こちらは中野京子さん独特の
文体から繰り広げられる
聖書の内容に沿ったイエスの物語。

新約聖書の内容を小説を
読むように学ぶことができます。

作品画像はやや少ないですが、
新約聖書の内容、話の流れは
しっかり学ぶことができるので
オススメです。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆
  5. 補足
    小説のような内容なので、
    新約聖書を学びたくて小説が好き
    な人にはピッタリだと思います。

 

上位レビュー

 

☆4以上のレビュー

今まで、わからなかったイエスキリストやキリスト教の事、素朴な疑問がよくわかりましたし、楽しんで読み進められました。楽しめるだけでなく文章や内容が記憶に残り易いのは著者の上手さだとおもいます。中野京子さんの本は全て読みたいと思って時々購入しています。
中野京子さんの著作はいろいろ読ませていただきました。その中でもこれはテーマを絞ってあるせいかよくまとまっていると感じました。キリストの生涯をわかりやすく紹介すると共に随所にそれぞれの場面を描いた名画を挿入してあってイメージを掴みやすく、絵を楽しみながら、同時にキリストの生涯を知ることができるようになっています

 

☆3以下のレビュー

タイトルに『名画と読む』とありますが、中野京子さんが名画を解説しつつメインテーマを語る『名画で読み解く○○』シリーズのようなものとは全く違います。こちらはキリストの生涯を聖書に沿って物語風に描くという内容です。名画は完全に挿絵の扱いで解説は無いので、キリストの生涯の入門編としては良いかもしれませんが、中野さんの美術解説が好きな人には物足りないかと思います。

 

 

まとめ

 

まとめ

✓西洋絵画のひみつ
⇒イラストが多く初学者でも読みやすい

✓イラストで読むシリーズ
⇒テーマ別。漫画を読む感覚でわかりやすい

✓名画で読み解く「聖書」
⇒画像が豊富。場面ごとに解説してくれる

✓名画と読む イエス・キリストの物語
⇒イエスの生涯が小説を読むようにわかる

気になる本はありましたでしょうか?

それぞれにタイプが違うので、
自分にあった本で聖書の内容を学ぶのが
宗教画の鑑賞力を高める近道ですね。