【初心者】宗教画を学ぶのにオススメな本4選

サムネイル31

 

記事の要約

☑宗教画を学びたい人向け

☑わかりやすいものだけ

☑タイプの違うものを紹介

 

アートは自由に楽しめるものですが、
宗教画に関しては一定の知識が
必要になってくると思います。

特に日本では無宗教の人も多いので
旧約・新約聖書をテーマにした宗教画は
鑑賞するのにやや敷居が高いはずです。

そこで今回は宗教画を
学びたい人に向けてオススメの本を
4冊選びました。

それぞれにタイプが
違うので今回は↓

  1. 文字の量
  2. 画像の量(実際の作品画像)
  3. わかりやすさ(個人的意見)
  4. 情報量(宗教画に関するもの)
  5. 補足

といった感じで
それぞれを5段間評価(☆)で
紹介したいと思います。

では、早速いきましょう。


①西洋絵画のひみつ

 

西洋絵画のひみつ

西洋コンプレックスを持っていた私のような人、読んでください。耳をふさぐためだけにあった両手がフリーになり、“ひみつ”にまつわる面白いことをたくさんキャッチできる人間に生まれ変わった気がします。
束芋さん(現代美術家)

まずは藤原えりみさんの
西洋絵画のひみつです。

こちらの本は画像をあまり使わず
イラストを多めに用いて、
絵本のような感じでわかりやすく
旧約・新約聖書の流れを
解説してくれます。

他にもギリシャ神話のことなどを
学べます。

知識0からのスタートには
最適な本として紹介させて頂きます。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆
  5. 補足
    わかりやすくて初学者にオススメです。
    まずは広く浅く学ぶといったイメージで
    画像や情報量は少ないですが、
    イラストが多くて読みやすいです。

 

 

②イラストで読むシリーズ

 

イラストで読む
出典:JOSHIBI

読んでビックリ!! 旧約聖書を、まるでマンガのようにスラスラ読めちゃえるよう、簡潔に、イラスト満載で読み解いています。

Amazonレビューより

次は杉全美帆子さんの
イラストで読むシリーズです。

こちらの本も
イラスト多めでわかりやすく
聖書の内容を学べます。

旧約・新約で1冊ずつ出版されており
的を絞った学習ができます。

西洋絵画のひみつが絵本の
ような雰囲気だとしたら、
こちらのシリーズは
漫画のような印象です。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆
  5. 補足
    旧約・新約とテーマごとに
    わかれている分、情報量は
    多いです。漫画を読んでいる
    感覚で学ぶことができます。

 

 

③名画で読み解く「聖書」

 

名画で読み解く「聖書」

名画の写真を見ながら、有名な聖書の物語を解説しているので聖書への案内書として良いと思った。写真も綺麗で良かった。

Amazonレビューより

大島力さんの
名画で読み解く「聖書」
タイトルにあるように、
実際の作品画像を用いて、
聖書の内容を場面ごとに解説して
くれています。

カラー写真でとても見やすく、
旧約・新約の両方を学ぶことが
できます。

実際の作品を見ながら
学びたい人にオススメです。

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆☆☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆☆
  5. 補足
    聖書の場面ごとに
    実際の作品画像を
    用いて解説しており、
    辞書のような使い方もできます。

 

 

④名画と読むイエス・キリストの物語

 

イエス・キリストの物語

この絵は、イエスの生涯の「いつ」のこと?『怖い絵』で人気の著者がキリストの生涯を描いた絵画43点をオールカラーで解説しつつ、その生涯を追う。読んで、見て楽しい一冊。
末盛千枝子

最後は怖い絵シリーズで
有名な中野京子さんの
名画と読むイエス・キリストの物語です。

こちらは中野京子さん独特の
文体から繰り広げられる
聖書の内容に沿ったイエスの物語。

新約聖書の内容を小説を
読むように学ぶことができます。

作品画像はやや少ないですが、
新約聖書の内容、話の流れは
しっかり学ぶことができるので
オススメです。

 

  1. 文字の量
    ⇒☆☆☆☆☆
  2. 画像の量
    ⇒☆☆
  3. わかりやすさ
    ⇒☆☆☆☆☆
  4. 情報量
    ⇒☆☆☆
  5. 補足
    小説のような内容なので、
    新約聖書を学びたくて小説が好き
    な人にはピッタリだと思います。

 

 

まとめ

 

イラストで読む
西洋絵画のひみつ
⇒イラストが多く初学者でもわかりやすい

イラストで読むシリーズ
⇒テーマ別。漫画を読む感覚でわかりやすい

名画で読み解く「聖書」
⇒画像が豊富。場面ごとに解説してくれる

名画と読む イエス・キリストの物語
⇒イエスの生涯が小説を読むようにわかる

気になる本はありましたでしょうか?

それぞれにタイプが違うので、
自分にあった本で聖書の内容を学ぶのが
宗教画の鑑賞力を高める近道ですね。