美術検定2~3級の勉強法や過去問の活用法を解説【美術検定対策】

サムネイル25

 

記事の要約

☑好きな時代から勉強する

☑過去問は選択肢を全て考える

☑美術史の記事を読む


 

美術検定2~3級合格のためには
大まかな美術史の流れを
把握しておく必要があります。

特に美術検定2級は出題範囲も広く、
合格率も下がってくるので
効率の良い勉強法を学んで
しっかり対策したいところです。

そこでこの記事では
美術史を勉強する際のポイントと、
効率の良い過去問の活用法を解説します。


美術検定に関するその他の記事はコチラ




美術検定対策

 

絵画鑑賞

美術検定の公式テキスト
原始・古代美術から始まり、
現代アートまで美術史の流れに沿って
解説しています。

美術史通り順番に勉強するのもいいですが、
私は好きな時代から勉強することを
オススメします。

その理由は以下の2点↓

☑楽しんで学習できる

☑モチベーションの低下防止

順に解説します。

楽しんで学習できる

 

印象、日の出

初めて美術史を学ぼうとされる方も、
興味のある時代や好きな画家がいる
時代があると思います。

そのような時代の勉強は、
興味のない時代に比べて
楽しめるものです。

楽しみながら勉強することで
記憶力も向上し、得点UPに繋がります。

モチベーションの低下防止

 

モチベーション

美術史通りに最初から勉強すると、
途中でモチベーションが
低下することがあります。

美術史の勉強では、
興味のない時代や
暗記が難しい時代も
あるからです。

興味のない時代が続くと
勉強が嫌になるので、
好きな時代から勉強して
徐々に範囲を増やしていく
ようにすればよいです。

こんな感じです↓

例)印象派が好きだったとすると…

まずは印象派から勉強

⇒印象派の前後の時代は
どうだったのか確認
(写実主義やポスト印象派の時代)

⇒印象派と同時代の日本を確認
(ペリー来航、高橋由一が
近代絵画の基礎を作る)

順番を工夫しながら
モチベーションを維持し、
美術史学習を楽しみましょう。

美術検定過去問の活用法

 

美術検定 勉強

ここからは美術検定過去問テキストの
活用法を解説します。

多くの人が過去問の問題は解くだけ、
分からなかったら解答を覚えるだけが多い
と思います。

しかし過去問は活用法1つで
理解度を大幅に上げることができます。

答えを探すだけでは×

 

考える人

実際に「もっと深める美術の歴史一問一答
を使って解説していきます。

例題①

 

Q13.「初期ルネサンス」とほぼ同じ意味で
使われる用語はどれですか。
①ノヴェチェント ②クアトロチェント ③トレチェント ④チンクエチェント

出典:もっと深める美術の歴史一問一答2級練習問題 p14

このような問題を解く場合↓

答えを知っている
⇒答えの②を選択して、次に進む
答えを知らない
解答を見て、覚えて次に進む

とするのが多いと思いますが、
それだと効率が悪いです。

設問に対して
答えを1つ選ぶor答えを暗記して
進んでいると、
同じような問題が出された時しか
対応出来なくなります。

ですので効率よく過去問を利用する場合、
選択肢全てを確認するという作業が重要です。

選択肢全てを確認する
①のノヴェチェントは1900年代のことだから初期ルネサンスではない
②のクワトロチェントはイタリア語で400の意味。転じて1400年代=15世紀だから初期ルネサンスのこと
③のトレチェントは14世紀のこと、ゴシック時代だから違う
④のチンクエチェントは…?

このように選択肢全てを考えていきます。
例では④の選択肢が分かりませんでした。
設問の答えは②なので、
④の選択肢だけ知らなくても
得点には関係しません。

しかし今回の方法では
④の選択肢も分からなかったこととして
調べて勉強します。

調べた結果
④のチンクエチェントはイタリア語で500の意味。1500年代を指し、盛期ルネサンス~マニエリスムの時代を指す

そうすることで
単に設問の答えを学習するより、
知識を多く得ることができます。

この勉強法を身につけると仮に本番で↓

「盛期ルネサンス」とほぼ同じ意味で
使われる用語はどれですか。
①チンクエチェント ②トレチェント ③クアトロチェント ④ノヴェチェント

のような変則パターンの問題
出されても対応することができます。

もし先程の問題でクアトロチェントは
「初期ルネサンス」の意味としか
覚えていなかったら、
この問題の選択肢を絞ることが
できませんよね。




例題②

 

もう一問やってみます。

アテナイの学堂

Q27.図の作者について、
正しい記述はどれですか

①フスマートや空気遠近法などの技法を発展させ、建築や科学にも秀でた芸術家である。
②ルネサンス三大巨匠のひとりとされ、「キリストの変容」をはじめとした祭壇画も多く描いた。
③出身地ペルージアやフィレンツェ、ローマで活躍し、宗教画を得意とした画家である。
④ルネサンスの巨人とも呼ばれ、生涯最後の作品は「ロンダニーニのピエタ」である。

出典:もっと深める美術の歴史一問一答2級練習問題 p20

図はラファエロの代表作の1つ
アテナイの学堂」です。

今回も答えを探すのではなくて、
選択肢全てを確認していきます。

①はスフマートや空気遠近法、
建築や科学にも秀でているとあるので
万物の天才と呼ばれた
レオナルド・ダヴィンチです。

②は三大巨匠のひとりで
「キリストの変容」が有名といえば
ラファエロです。

キリストの変容
ラファエロ「キリストの変容」1520年

ここで答えは②と分かりましたが、
続けていきます。

③は出身地がペルージアとあるので
「ペルージア 出身 画家」でググると
ルネサンス期のイタリア画家
ピントゥリッキオであると分かりました。

『議会に出発するアエネアス・シルウィウス・ピッコローミニ』
ピントゥリッキオ『議会に出発するアエネアス・シルウィウス・ピッコローミニ』

ピントゥリッキオは
ローマなどで宗教画を多く手掛けています。

④はルネサンスの巨人と
生涯最後の作品が
「ロンダニーニのピエタ」
であることからミケランジェロですね。

ロンダニーニのピエタ
ミケランジェロ「ロンダニーニのピエタ」1559年‐

これで全ての選択肢の
確認が終わりました。

こうすることで
この問題では解答以外
以下の知識を学ぶことが出来ました↓

学んだこと
①スフマートや空気遠近法を使い、建築や科学にも秀でている
レオナルド・ダヴィンチ
③ペルージア出身でローマ・フィレンツェで活躍した画家
ピントゥリッキオ
④ルネサンスの巨人と呼ばれ「ロンダニーニのピエタ」が最後の作品
ミケランジェロ

是非、過去問の活用法として
参考にしてみて下さい。

美術史の記事を読む

 

アート思考

絵.cocoroでは、
美術検定2級に合格し、
合格後は大学で芸術教養を学んでいる
MOTOが各美術史を記事にしています。

美術検定テキストではわかりにくいと
感じた部分もできるだけ理解しやすい
ように書いているので、
美術史の記事で勉強をすることも
オススメです。

まとめ

 

美術検定 勉強

☑美術史は好きな時代から勉強する

☑好きな時代の前後など、徐々に勉強範囲を広げる

☑過去問は選択肢全てを考える作業が大事

いかがでしょうか?

私はこの記事で紹介した勉強法を使い、
仕事の傍ら3か月で
美術検定2級に合格することが出来ました。

是非、あなたも効率よく勉強して
美術検定を合格して下さい。