美術検定とは/メリットは/オンライン受験や合格率についても解説

サムネイル2

 

記事の要約

☑美術検定の概要

☑合格特典は

☑美術を学ぶメリットについて


 

美術検定という、
アートをみる目を養う検定があります。

私は2016年に2級を受験し、
合格しました。

この記事では美術検定の概要や、
美術を学ぶメリットについて解説
したいと思います。


美術検定に関するその他の記事はコチラ




美術検定とは

 

絵画鑑賞

美術検定は絵をみる力を養い、
魅力を伝えることの出来る人を
育成・応援する検定です。

1~4級まであり、1級は記述式問題で
その他はマークシート式の問題です。

現在はオンライン試験のみ可能となっています。

また、4級のみ通年開催で、
いつでも受験可能です。
(受験期限は支払いから30日以内)
1~3級の受験申込期間は
(2021年)7月19日~11月4日となっています。

美術検定の問題,合格率

 

出典:美術検定

各級で問われる問題は以下の通りです↓

  • 4級⇒西洋・日本の代表的な作品や作家
  • 3級⇒西洋・日本の美術の基礎知識と歴史の流れ
  • 2級⇒美術に関する幅広い知識と歴史の流れ、美術鑑賞の場の役割など
  • 1級⇒美術に関する幅広い知識と美術の動向について自身で解釈し・思考して、他人にナビゲートすることが出来る

公式サイトには例題もあります。

ちなみに2018年度の美術検定合格率
以下の通りです。

4級‐96.5%
3級‐78.0%
2級‐41.9%
1級‐15.1%

受験方法

 

美術検定オンライン
出典:美術検定オンライン

現在はオンライン試験のみ可能です。
美術検定オンラインに登録して頂き、
受講料を払って受験します。

詳しくはコチラをどうぞ。

美術検定にメリットはあるのか?

 

美術検定 勉強

美術検定の合格者特典は以下のとおりです。

  1. 美術館のボランティア・スタッフ募集がある
  2. 展覧会やイベント情報の掲載されたメールマガジンの配信
  3. 美術出版社書籍・雑誌の10%割引(出版社への直接注文のみ)
  4. 美術検定応援館への割引入場
  5. 一部大学での推薦・AO入試優遇措置

美術検定応援館はコチラ
優遇措置のある大学はコチラ

美術を学ぶということ

 

美術

検定のメリットというと、
合格者特典に魅力があるか
が1つの指標となりますが、
それが全てではありません。

特に美術という人類誕生から
根強く発展してきた文化を学ぶことは
勉強すること自体にメリットがあります。

私は美大出身でもないですし、
もともと美術が好きだったわけでも
ありません。

どちらかといえば、
美術とは無縁の生活を送ってきました。
しかし、社会という
答えのない世界に身を投じた時、
自分だけの答えを見つける重要性や
アート思考の魅力に憑りつかれました。

美術からなにを感じ取るのかは
人それぞれなので
一概には言えませんが、
私は美術を学んで良かったですし、
そのキッカケとなった美術検定には
感謝しています。
(現在、私は芸大にも入学しました)

微力ではありますが、
社会人から美術が好きになった経験
多くの人に発信し、
その楽しさを広めていきたいと思っています。

まとめ

 

脳

☑1~4級までオンライン試験が可能

☑4級のみ通年開催

☑様々な合格特典あり

☑美術を学ぶ1つのキッカケに

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログでは美術検定に限らず、
美術を学ぶ楽しさ、美術の楽しみ方を
発信しています。

ご興味のある方は
是非、他の記事も読んでみて下さい。