美術検定とは?/メリットは?/オンライン受験や合格率についても解説

サムネイル2

 

記事の要約

✓鑑賞力を養う検定

✓割引等の合格特典

✓教養を身につけるキッカケに

 

美術検定という、
美術鑑賞に関する検定があります。

私は2016年に2級を受験し、
合格しました。

この記事では美術検定の概要や、
美術を学ぶメリットについて解説します。


美術検定とは?

 

絵画鑑賞

美術検定は絵をみる力を養い、
魅力を伝えることの出来る人を
育成・応援する検定です。

1~4級まであり、1級は記述式問題で
その他はマークシート式の問題です。

現在はオンライン試験のみ可能です。
(推奨ブラウザ:Google Chrome)

また、4級のみ通年開催で
いつでも受験可能です。
(受験期限は支払いから30日以内)


2022年度の1~3級申込期限は11/4です。
(受験日は11/12,13)

美術検定の問題,合格率

 

引用:美術検定

各級で問われる問題は以下の通りです↓

  • 4級⇒西洋・日本の代表的な作品や作家
  • 3級⇒西洋・日本の美術の基礎知識と歴史の流れ
  • 2級⇒美術に関する幅広い知識と歴史の流れ、美術鑑賞の場の役割など
  • 1級⇒美術に関する幅広い知識と美術の動向について自身で解釈し・思考して、他人にナビゲートすることが出来る

公式サイトに例題もあります。

ちなみに、
2018年度の合格率は以下の通りです。

4級‐96.5%
3級‐78.0%
2級‐41.9%
1級‐15.1%

受験方法

 

美術検定オンライン
出典:美術検定オンライン

現在はオンライン試験のみ可能です。

美術検定オンラインに登録して頂き、
受講料を払って受験します。

 

サムネイル27

美術検定のメリットは?

 

美術検定 勉強

美術検定の合格者特典は以下のとおりです。

  1. 美術館のボランティア・スタッフ募集がある
  2. 展覧会やイベント情報の掲載されたメールマガジンの配信
  3. 美術出版社書籍・雑誌の10%割引(出版社への直接注文のみ)
  4. 美術検定応援館への割引入場
  5. 一部大学での推薦・AO入試優遇措置

美術検定応援館はコチラ

優遇措置のある大学はコチラ

美術を学ぶということ

 

美術

検定といえば
合格後にどんなメリットがあるのかが
気になるところではあります。

しかし、それが全てではありません。

特に美術という人類誕生から
根強く発展してきた文化を学ぶことは
勉強すること自体にメリットがあります。

近年では美術を学ぶことが
リベラルアーツを学ぶことに繋がると
人気を博しています。

一見、無駄なように思える学問ですが
学んだものにしかわからない世界こそ
教養の世界とよべるのかもしれませんね。

 

サムネイル

まとめ

 

絵画鑑賞
まとめ

✓1~4級まであり、オンライン試験のみ可能

✓4級のみ通年開催

✓様々な合格特典あり

✓美術を学ぶ1つのキッカケに

最後まで読んで頂きありがとうございます。

当ブログでは美術検定に限らず、
美術を学ぶ楽しさ、美術の楽しみ方を
発信しています。

ご興味のある方は
是非、他の記事もどうぞ。



サムネイル