【西洋美術史入門】盛期ルネサンスまでをざっくりと解説

サムネイル15

 

記事の要約

☑盛期ルネサンスまでをざっくりと

☑ギリシャ・ローマ時代から中世へ

☑中世からルネサンスへ


 

この記事は盛期ルネサンスまで
西洋美術史を年表に沿ってまとめました。

大まかな流れの学習・確認に
活用してください。


美術検定・美術史に関する記事はコチラ




西洋美術史入門

 

アテナイの学堂

原始美術からルネサンスまで、
以下のような時代の流れがあります。

原始美術(紀元前30000年~)

古代美術(紀元前4000年~)

エーゲ海美術(紀元前3000年~)

ギリシャ美術(紀元前1000年~)

ローマ美術(紀元前27~)

初期キリスト美術(2世紀末~)

ビザンティン美術/
初期中世美術(4世紀末~)

ロマネスク美術(9世紀~)

ゴシック美術(12世紀中頃~)

草創期ルネサンス(13~14世紀)

初期ルネサンス(15世紀)

盛期ルネサンス(1500~1530年)

この記事では太字の時代を
解説してします。

原始美術(紀元前30000年頃)

 

原始美術
ショーヴェ洞窟の壁画(ハイエナ)

画像は現存している人類最古の絵です。
洞窟の壁にハイエナを描いたもの。
狩猟の時代に獲物が捕れることを祈って
絵を描きました。

ちなみに、
目の前に無いものを思い出して(祈って)
絵を描けるのは人類だけの能力です。

古代美術(紀元前4000年頃)

 

古代美術
ナラム・シンの石碑

人類は生きていくために集団を作り、
人が集まると文明が生まれました。
そして文明は他の文明との争いも生み出します。

画像はメソポタミア文明で生まれた
ナラム・シンの石碑で、
戦争勝利を祝った記念碑です。

この頃から美術は歴史を後世に残す
ツールにもなりました。

ギリシャ美術(紀元前1000年頃)

 

パルテノン神殿
パルテノン神殿

エーゲ海一帯で生まれたギリシャ文明。
人々は神の存在を信じ、
それはギリシャ神話として現在まで
語り継がれています。

神は人間の姿をしているという思想のもと、
理想的な人間の姿が生き生きと表現されました。

ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナス

この作品もヴィーナスという愛の女神を
人間の形で表現しています。

また、ギリシャ彫刻で大切なのは
コントラポストという方法を使って
作品に躍動感を与えたことです。

初期キリスト美術(2世紀末~)

 

善き羊飼い
善き羊飼い

キリスト教の美術は西暦200年頃から始まります。

ローマ帝国が統治する時代、
キリスト教はまだ容認されておらず
迫害を受けていました。
キリスト教信者たちは
弾圧者たちの目を誤魔化すために
あえてキリストを間接的に描きました。

画像の善き羊飼いは、
羊飼いに扮したキリストが羊(信者達)を
導いている場面が描かれています。

その後キリスト教は313年に容認され、
394年に国教化されます。

ビザンティン美術(4世紀末~)

 

ビザンティン

この時代は平面的で固い絵が多いです。

キリスト教が普及し始めると、
「神様を人間が描いていいのか…?」
という神学上の矛盾が指摘され始めて、
平面的な絵が多く描かれるようになりました。

一方でキリスト教の更なる布教のために、
聖堂建設はどんどん進んでいきました。

アギア・ソフィア大聖堂
アギア・ソフィア大聖堂

キリスト教が強い権力を持ち、
非人間的な圧力が強かった中世は
暗黒の時代とも呼ばれ、1000年ほど続きます。

草創期ルネサンス(13~14世紀)

 

ジョット ユダの接吻
ジョット「ユダの接吻」

暗黒時代には神と教会が中心で、
自然や人間性は重要視されていませんでした。
しかし、ルネサンスに先駆けて芸術の分野で
人間性を追求したのがフィレンツェ出身のジョットです。

彼の描いた作品は後に花開くルネサンス美術に
大きな影響を与えました。

初期ルネサンス(15世紀)

 

ヴィーナスの誕生
ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」

ルネサンスはイタリアのフィレンツェから始まります。

遠近法の研究が進み、自然をリアルに
模倣できるようになった画家たちは
積極的に絵画に取り入れました。

かつてのギリシャ・ローマの
古典研究も推し進められ、
人文主義と呼ばれる精神運動が始まります。

人文主義とは、
教会の権威や神中心の非人間的重圧から
人間を解放し、人間性の再興を
目指した運動のことです。

ルネサンスとはフランス語で再生を意味しており、
かつてのギリシャ・ローマの文化を
再興しようとする意味が込められています。

ダヴィデ
ドナテッロ「ダヴィデ」

彫刻の分野ではギリシャ時代の
コントラポストが多用され
ギリシャ神話をテーマにするなど、
芸術は再び生き生きとした表現を可能としました。

盛期ルネサンス(1500~1530年)

 

アテナイの学堂
ラファエロ「アテナイの学堂」

ルネサンスの3大巨匠が活躍した時代を
盛期ルネサンスと呼びます。

それまで画家や彫刻家は、芸術家というより
職人のような見方をされていましたが、
3大巨匠の活躍により芸術家の地位を確立しました。

モナ・リザ
ダヴィンチ「モナリザ」
ベルヴェデーレの聖母
ラファエロ「ベルヴェデーレの聖母」
ダヴィデ
ミケランジェロ「ダヴィデ」

学校の教科書にも掲載されている
有名美術作品が多く生まれたのも
この時代です。

まとめ

 

絵画鑑賞をする女性
原始美術(紀元前30000年~)
⇒生活から生まれた美術。祈りを形に。

古代美術(紀元前4000年~)
⇒文明が生まれ、記念碑などが作られる

ギリシャ美術(紀元前1000年~)
⇒理想的な人間が生き生きと表現される

初期キリスト美術(2世紀末~)
⇒迫害を避けるために間接的な表現を使った

ビザンティン美術(4世紀末)
⇒キリスト教の権力が強い。平面的な絵

草創期ルネサンス(13~14世紀)
⇒少しずつ人間性を表現し始める

初期ルネサンス(15世紀)
⇒遠近法発見。ギリシャ・ローマの復興

盛期ルネサンス(1500~1530年)
⇒3大巨匠の時代。画家は芸術家の領域へ

まとめ記事後半では、
マニエリスムから現代アートまでを解説します。