絵画の価値・値段の考え方

 

記事の要約

値段=価値ではない

機能的価値で考えられない

あなたにとっての価値が大事

 

絵画・アートの中には
よくわからないけれど、
値段がバカ高いものがありますよね。

超高額な作品の多くが
オークションによって値段が
決まります。

知らない方からすれば
「なんであんなものにそんなお金を…」
と感じることも少なくありませんよね。

そこでこの記事では
絵画の価値・値段の考え方
解説します。



絵画の価値・値段の考え方

 

お金

まず買い手が美術館や企業の場合、
アートの価値はどのくらいの集客が
見込めるかというビジネスライク
考え方が基本になります。

社会的な価値とでもいいましょうか。

その辺の内容は別の記事で解説してます。

アートの値段はどのように決まる?

今回の記事ではビジネスとは違った、
もっと根本的な考え方について解説します。

 

まず絵画やアートの値段、価値を
考える際に絶対に押さえておいて欲しい
ポイントがあります。

それは、
絵画の値段=絵画の価値の高さではない
ということ。

例えば10万円の絵画と
100万円の絵画があったとして、
100万円の絵画の方が価値が高い
わけではないということです。

機能的価値

 

普段私たちが無意識に
慣れ親しんでいるのは
機能的価値という考え方です。

機能的価値とは、
簡単に言うと製品の機能や
サービスの機能・性能に対する
価値のことをいいます。

 

例えばここに
5万円のPCと10万円のPCが
あったとします。

この場合、PCの価値を決めているのは
機能の良し悪しですよね。

一般的には10万円のPCの方が
5万円のものより性能が良くて
機能も豊富です。

そしてその性能・機能に応じた
価値の高さが値段になって現れています

 

ところが絵画やアートの場合、
機能や性能で良し悪しを決める
ことは出来ません。

飾る、所有する以外に用途がないからです。

情緒的価値

 

ではなんで絵画によって
値段が変わるのかというと、
買い手によって価値が変わるからです。

つまりある絵が100万円で
購入されたならば、
その絵が購入者にとっては
100万円の価値があったから
というだけの話です。

実はこのような価値の考え方も、
普段私たちが体験しているものです。

 

例えばここに少年野球用のバットと
プロ仕様のバットがあります。

機能的価値でいえば
プロ仕様のバットの方が高いです。

ですがここで仮に、
少年野球用のバットは
あのベーブルース選手が
幼少期に使っていたものと
判明すればいかがでしょうか?

きっと野球ファンを中心に
値段は跳ね上がりますよね?

しかし野球に全く興味のない人
からすればただのバットです。

「へー、すごいけど私は別に要らない」

となりますね。

 

この感覚が絵画・アートにも
起きていると思ってください。

値段が桁違いなのと、アートという
機能的価値が全くないものだから
わからなくなっているだけで、
考え方は似ています。

ちなみにこのような価値の考え方を
感性価値、もしくは情緒的価値
言ったりします。

 

情緒的価値

顧客が商品・サービスに対して抱く感覚的・精神的な価値のこと

あなただけの価値

 

ここまでが
絵画の値段=絵画の価値の高さではない
解説になります。

ですのでもし美術館などで
超高価な作品を目にして、
「これのどこがいいのかわからない…」
と思っても安心してください。

そして、
「だからアートってわからないんだよ」
と投げやりにならないで下さい。

理解できなくて大丈夫です。
アートの価値は人それぞれですから。

 

最後に超個人的な
アートの価値観の話をします。
(私が美術館などで考えることです)

もし、あなたに小さな子供がいて
子供があなたのために初めて頑張って
描いてくれた似顔絵があったとします。

当然その絵は全然上手くありません。

でも、なかなかに感動できますよね。
上手い下手とかじゃなくて、
あなたにとってはもの凄い価値が
あるものです。

一方、他人の子供が
その子の親のために頑張って描いた
似顔絵もあったとします。

この作品もその子の親には感動的ですが、
あなたにとってはそうでもありません。

ですのであなた目線では
特に高い価値を感じないものです。

しかしそんな作品も、
あなた以外の誰かを感動させた
ことには変わりありません。

私はこのようなものを、
興味はないけど尊重する作品
と捉えます。

 

アートには専門家的には
価値の高いものとそうでないもの
があります。

冒頭で述べたような
社会的には価値が高い作品も
多くあります。

しかしそれと鑑賞者が抱く価値は
全くの別物です。

あなたにとってはどうなのか。

あなたにとってはどのくらいの
価値があるのか。

この感覚がアート鑑賞を
面白くしてくれます。

私の例を使えば…

  1. 好きだと感じた作品
    →あなたにとっては価値の高い作品
    →大事にしたいもの
  2. あまり興味のない作品
    →あなたにとっては価値が高くないもの
    →誰かにとっては価値の高いもの
    →興味はないけど尊重する

こんな感じになります。

絵画・アートの価値を考える
参考になれば嬉しいです。

まとめ

 

まとめ

絵画の値段=絵画の価値の高さではない

✓アートは機能的価値で考えるものではない

✓高額な作品も買い手にとってはその位の価値があったということ

あなたにとっての価値が大事

今回は絵画の値段を通して
機能的価値と情緒的価値を
解説しました。

ものの価値、感じ方を明確にすると
環境に対する解釈も変わります。

読んで頂きありがとうございました。

サムネ