日本人はなぜミュシャが好き?/山田五郎オトナの教養講座⑤

サムネ

 

記事の要約

✓日本が好きだったミュシャ

✓日本美術の特徴をもつ作品

✓少女漫画との相性も◎

 

この記事は
山田五郎さんのYoutubeチャンネルである
「山田五郎オトナの教養講座」より、
動画の内容を文字に起こして
解説していくものです。

第5回目のタイトルは
【日本人はなぜミュシャが好き?】

今回は日本でも馴染みのある
ミュシャについてです。

まだ動画をみてない方は
是非ご覧になって下さい。

 

 

文字の方が理解しやすい方は
ぜひ最後までお付き合いください。


日本人はなぜミュシャが好き?(0:32~)

 

アルフォンス・ミュシャ
アルフォンス・ミュシャ

日本でも人気のあるミュシャですが、
その理由について考えたことがありますか?

山田さんはその理由を
「ミュシャが日本を好きだったから」
と述べています。

アルフォンス・ミュシャはチェコ出身の
画家で、当初はプラハの美術学校を
志望していましたが受からず、
ウィーンで舞台美術の仕事をしていました。

ところが劇場が火事で焼失。
失業したミュシャは25歳の時に
エゴン伯爵というパトロンに出会い
ミュンヘン美術院に入学・卒業後、
パリに出て本の挿絵の仕事を始めました。

活動の軌跡

プラハ⇒ウィーン⇒ミュンヘン⇒パリ

挿絵の仕事はさほどお金にはならず、
画家としてなかなか芽が出ない状態が
続いていました。

ところが1895年、ミュシャが35歳の時に
大きな転機が訪れます。

それはあるポスター制作の依頼でした。

サラ・ベルナールとの出会い(2:03~)

 

サラ・ベルナール
サラ・ベルナール

ミュシャはある日フランスの大女優
サラ・ベルナールから舞台宣伝の
ポスター制作を依頼されます。

ジスモンダ
ジスモンダ

画像の「ジスモンダ」はその時に
作った作品です。

ベルナールはジスモンダを大変気に入り、
ミュシャに専属の画家として働かないかと
持ち掛けました。

ミュシャはこれを承諾し、
ベルナールと6年間の専属契約を
結びます。

この6年間がミュシャの黄金時代となります。

JOBのポスター(3:51~)

 

JOB社の煙草
「JOB社の煙草」1896年

これはミュシャが黄金時代に制作した
「JOB社の煙草」の宣伝ポスターです。

この作品にはミュシャの日本好きが
反映されています。

ミュシャがいた時代のウィーンやパリでは、
万国博覧会が開催され、日本の美術が
大ブームとなっていました。

そしてそんな日本美術から影響を受けた
ものにアール・ヌーヴォーがあります。

アール・ヌーヴォーとは19世紀末から
20世紀初頭にかけて起こったヨーロッパを
中心とした美術運動のことで、
以下の特徴があります。

アール・ヌーヴォーの特徴
  1. 平面的
  2. 曲線的
  3. 装飾的
  4. 動植物文様

 

これらの特徴は、
全て日本美術の特徴でもありました。

吉原時計 亥ノ刻
吉原時計 亥ノ刻

当時、パリで美術商を営んでいた
ジークフリート・ビングという
人物がいました。

ジークフリート・ビング
ジークフリート・ビング

彼は日本美術を扱う貿易商でもあり、
欧米諸国に日本美術を広めるため、
「芸術の日本」という雑誌を発行していました。

芸術の日本
芸術の日本

実はミュシャもこれを購入しており、
ミュシャの作品には雑誌から影響を受けたと
思われるものが数多くあります。

これがミュシャの作品が
日本人の感覚にウケる大きな理由です。

ちなみにアール・ヌーヴォーは
ジークフリートが営んでいた
日本美術の店名が由来となっています。

 

ミュシャの影響を受けた作品
ミュシャの影響を受けた作品

明治時代の日本では、
反対にミュシャの影響を受けた作品も
数多く生まれました。

アール・ヌーヴォーの終わり(9:26~)

 

アール・デコのポスター

そんなアール・ヌーヴォーでしたが、
第一次世界大戦後には徐々に
廃れていきます。

代わりに流行ったのが
アール・デコと呼ばれるスタイルです。

アール・デコ

大量生産の時代に合った直線的・機能的なデザイン

アール・デコの特徴は
直線的かつ立体的であり、
アール・ヌーヴォーとは対極的でした。

アール・デコの流行と共に
ミュシャの黄金時代は終わりを告げ、
1910年にチェコへ帰国します。

帰国後のミュシャ(9:50~)

 

故郷のスラヴ人
故郷のスラヴ人

帰国後のミュシャは商業画家ではなく、
スラブ民族などを描く民族画家としての
活動を始めます。

それはミュシャが本心では
装飾的、商業的な絵ではなく
古典的な油絵を描きたかった
あらわれでした。

また、チェコの画家として
チェコの人民を救いたいという
気持ちのあらわれでもありました。

 

ルヤナ島のスヴァントヴィト祭
ルヤナ島のスヴァントヴィト祭
スラヴの歴史の神格化
スラヴの歴史の神格化

ところがミュシャは晩年、
民族的な作品が原因で
ナチス・ドイツに拘留され、
そのまま亡くなってしまいました。

ミュシャ、日本への影響(11:16~)

 

動画の終盤、
山田さんは1970年代の
アニメについて語り始めます。

実は日本で1970年代といえば
ベルサイユの薔薇など、
少女漫画の黄金時代でした。

花の24年組

1970年代の少女漫画を革新し、新風を巻き起こした女性作家たち

そしてその作家さんたちも
ミュシャの影響を受けている
と山田さんはいいます。

それはミュシャの平面的で装飾的な特徴が
少女漫画とマッチしていたからでした。

またミュシャはチェコからパリへ出てきた
画家ということもあり、彼の作品には
「憧れのパリ」が反映されていました。

その「憧れ」の部分も少女漫画と相性が
よかった1つの要素だといいます。

ミュシャが流行るのは景気の悪いとき?(13:15~)

 

続けて山田さんは、
ミュシャが流行るのは
景気の悪いときだといいます。

景気の良いときというのは
我慢すれば報われる時代でもあるので、
巨人の星などの熱血漫画系が流行り、
景気の悪いときというのは
我慢しても報われない時代なので、
憧れや優しさが伴う少女漫画や、
ミュシャのような作品が流行るそうです。

 

ミュシャを日本人が好きな理由

日本美術の要素を持つ作品だから

まとめ

 

JOB社の煙草
まとめ

✓ミュシャは日本が好きだった

✓アール・ヌーヴォーの特徴は平面的、曲線的、装飾的、動植物文様

✓ミュシャの作品は1970年代の少女漫画とも相性が良かった

今回はミュシャとアール・ヌーヴォーの
お話でした。

後半は日本の漫画との関連性も語られ、
非常に興味深い内容でしたね。

次回はレンブラントの作品についてです。