オンラインVTS無料体験会実施中 ▶

デイヴィッド・ホックニー展のガイドとポイントを解説【東京都現代美術館】

thumbnail

 

2023年7月15日~11月5日まで
東京都現代美術館で開催中の
「デイヴィッド・ホックニー展」
行ってきました。

そこでこの記事では
デイヴィッド・ホックニー展の概要や
押さえておきたいポイントを
解説していきます。


thumbnail

デイヴィッド・ホックニー展の概要

 

museum flyer
引用:東京都現代美術館
概要

特別展
デイヴィッド・ホックニー展
場所
東京都現代美術館
期間
2023年7月15日~11月5日
休館日
月曜日(7/17、9/18、10/9は開館)、
7/18、9/19、10/10
開室時間
10:00~18:00
(入館は閉館30分前まで)
ただし7/21、28、8/4、11、18、25は
21:00まで開館延長

 

観覧料金は以下の通りです↓

  • 一般 2300円
  • 大学生・専門学校生・65歳以上 1600円
  • 中高生 1000円
  • 小学生以下 無料
  • 平日限定ペアチケット 4000円
  • グッズ付チケット 4400円(数量限定)
  • 2展セット券 1250円~3200円

2展セット券は同時開催中の
「あ、共感とかじゃなくて。」
見ることができます。

詳しくはコチラ(公式サイト)

チラシはコチラ(PDF)

写真撮影について

 

signboard

1F展示作品のみ撮影可能です。

作品の一部はコチラ↓
(よければフォローお願いします!)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

絵.cocoro(@art.cocoro)がシェアした投稿

音声ガイドについて

 

本展は音声ガイドがありません。

SNSについて

 

【公式】東京都現代美術館
Xアカウント↓

 

Instagram↓

 

 

Youtube↓

 

デイヴィッド・ホックニーについて

 

David_Hockney

デイヴィッド・ホックニーは
イギリス出身の芸術家で、
イギリス現代芸術を代表する1人です。

1963年にはニューヨークを訪れ
アンディ・ウォーホルと出会い、
ポップアートにも影響を与えました。

作品はアメリカ西海岸の明るい陽光を
感じさせる華やかな色調で、

  • 屋内風景
  • プールのある邸宅
  • 人物

を描いたものが多いです。

母国で人気の理由として、
英国人の持つアメリカへの憧れ
英国を愛でる気持ちの両方が
作品に反映されているからとする
見方もあります。

押さえておきたいポイント

 

本展は8つの章に分かれています。

  1. 春が来ることを忘れないで
  2. 自由を求めて
  3. 移りゆく光
  4. 肖像画
  5. 視野の広がり
  6. 戸外制作
  7. 春の到来、イースト・ヨークシャー
  8. ノルマンディーの12か月

 

最初の章では、
ラッパスイセンを描いた
2枚の絵が並んでいます。

一方は1969年制作で、
もう一方は2020年制作のもの。

次章からは年代順に作品が並び、
ホックニー作品の変遷を
知ることができる構成です。

 

同じことを反復するのではなく
新しいなにかを発見したい

そう語るホックニーは
ピカソやマティスからも
大きな影響を受けました。

5章の「視野の広がり」では
そのことがわかる作品が
多く展示されています。

 

ホックニーは2010年にiPadを入手。
そのことは彼に大きな変化を起こします。

  • 表現への探求心
  • 新たなテクノロジー

この2つが掛け合わさって、
ホックニーにしか到達しえない
アートが生まれたのです。

最終章の「ノルマンディーの12か月」は
辺境の地でコロナの影響を
あまり受けなかったホックニーが、
自然や四季の移ろい、美しさを
真摯に見つめ続け、わかち合おうとした
大型作品が展示されています。

 

私が全ての展示を見終わって感じたのは、
最初の章で凝縮されているということ。

冒頭で新旧2つの作品を並べることで
ホックニーの表現力や追い求めたもの、
なにが変化し、なにが変化しなかったのか。
それらに想いを馳せることが出来ます。

是非、これから見に行く方は
最初の章に注目してみて下さい。

まとめ

 

museum flyer
まとめ

✓イギリス現代芸術を代表する1人

✓ピカソやマティスに影響を受けた

✓2010年以降はiPadでの制作も行った

ご興味ある方は是非行ってみて下さい!

最後に概要をもう1度↓

概要

特別展
デイヴィッド・ホックニー展
場所
東京都現代美術館
期間
2023年7月15日~11月5日
休館日
月曜日(7/17、9/18、10/9は開館)、
7/18、9/19、10/10
開室時間
10:00~18:00
(入館は閉館30分前まで)
ただし7/21、28、8/4、11、18、25は
21:00まで開館延長