原始美術からギリシャ美術までの学習ポイントまとめ【美術検定対策/西洋①】

サムネイル

 

この記事では美術検定対策として、
原始美術からギリシャ美術の
学習ポイントをまとめました。

美術史の記事とは違い、
要点を絞った解説
途中に確認問題を挟んでいます。

是非、美術検定の学習に
役立てて下さい。

美術史の記事では以下の
ものになります。


美術検定に関するその他の記事はコチラ




美術検定対策(原始~ギリシャ)

原始美術

 

原始美術

現存する最も古い美術作品は、
フランスのショーヴェ洞窟の壁画です。

描かれたのは紀元前3万1000年前後とされており、
後期旧石器時代にあたります。

野生動物が多く描かれており、
背景は描かれていないのが特徴です。
鉄酸化物やマンガン酸化物といった
鉱物系の顔料で描かれています。

古代美術

 

エーゲ海美術

クレタ美術はエーゲ海にあるクレタ島
紀元前2000年頃から生まれた美術をさします。

海遊民族だったクレタ島の人々は、
地中海の恵まれた環境を造形化したような
躍動感あふれる壁画などを描きました。

クノッソス宮殿
クノッソス宮殿「王座の間」

確認問題

 

Q1,最古の洞窟絵画とされるショーヴェ洞窟の壁画が描かれた時代は次のうちどれにあたるでしょう

1、青銅器時代
2、前期旧石器時代
3、後期旧石器時代
4、新石器時代

3

Q2,洞窟壁画で最も多く描かれた主題はどれ

1、人
2、野生動物
3、神
4、風景

2

Q3,クレタ文明について正しいのはどれ

1、幾何学装飾陶器を特徴とする
2、カスピ海で栄えた古代文明である
3、紀元前3世紀頃に栄えた
4、海洋民族特有のおおらかさと躍動感に満ちた壁画が多く描かれている

4

ギリシャ美術

 

ギリシャ美術は順番に以下の
4つの時代に分けられます。

幾何学様式の時代(BC1000年~)
アルカイック時代(BC7世紀初め~)
クラシック時代(BC5世紀初め~)
ヘレニズム時代(BC323~31年)
幾何学文様

幾何学様式時代の美術の特徴は
名前のとおり幾何学的文様や要素の単純化です。

クーロス
クーロス

アルカイック期には
クーロスコレーという立像が作られます。
クーロスは青年、コレーは少女を意味します。

アルカイック・スマイル
アルカイック・スマイル

アルカイック期の人物彫刻の特徴として、
アルカイックスマイルという口角を上げて
微笑むような表情があります。

パルテノン神殿

クラシック期にはパルテノン神殿
フェイディアスという彫刻家の監督の
もとに造られました。

パルテノン神殿の柱には、
ドーリス式イオニア式という
2つの様式が採用されています。

また、外光によって円柱の
中央部分がくびれてみえないように
あえて少しふくらませています。
これをエンタシスとよびます。

円盤投げ

クラシック期の彫刻では、
躍動感などを表現するために
コントラポストという
片方の脚に体重をかけて
もう片方の脚を弛緩させるような
表現法が用いられました。

ヘレニズム時代の彫刻

 

ヘレニズム時代からは
より人間らしく、時には荒々しい作風のものが
でてきます。

ミロのヴィーナス
ミロのヴィーナス
ラオコーン
ラオコーン
ベルヴェデーレのトルソ
ベルヴェデーレのトルソ

確認問題

 

Q1,微笑した顔で知られる古代ギリシアの彫刻様式をなんと呼ぶでしょうか

1、ヘレニズム
2、ロマネスク
3、ビザンティン
4、アルカイック

4

Q2,パルテノン神殿はドーリス式という柱頭様式に別の柱頭様式を融合して建築されましたが、その様式をなんといいますか

1、トスカーナ式
2、バシリカ式
3、アイオリス式
4、イオニア式

4

Q3,ギリシアの神殿建築が、中央部のふくらんだエンタシスという曲線のあるふくらみを使ったのはなぜですか

1、曲線のフォルムによって優美な感覚をもたせるため
2、地震の揺れを外部に逃がすため
3、外光によって中央部がくびれて見えるのを防ぐため
4、屋根の負荷が中央部に一番かかるため

3

Q4,パルテノン神殿の造営監督を務めたと考えられている彫刻家は誰でしょう

1、フェイディアス
2、アペレス
3、ペリクレス
4、リュシッポス

1

ベルヴェデーレのトルソ

Q5,図の作品名はなんですか

1、オリュンピアのヘルメス
2、ディオニュソスの断片
3、ベルヴェデーレのトルソ
4、パルテノンのフリーズ

3

最後に

 

美術検定 勉強

原始・古代美術は出題パターンが
少ないのでサクッと要点だけ
覚えて他の箇所に時間を使いましょう。

ギリシャ美術はパルテノン神殿に
関する問題、ヘレニズム期の作品に
関する問題が頻出しています。