創造性を鍛える方法を解説

サムネイル

 

記事の要約

☑創造性は鍛えらる

☑センスは必要ない

☑思考の固定化を防ごう


 

創造性と聞くと、
どこか生まれ持ったセンスや
一部の人間だけのもの
という印象をうける人もいるでしょう。

しかし創造性は
だれでも鍛えられることが
わかっています。

そこでこの記事では
創造性を鍛える方法について解説します。





創造性とは

 

創造性

創造性とは
なにかの真似ではない、
独自の有用な案を生み出すことです。
(オリジナリティ)

科学の発展により
実用的なものが溢れている現代。
既存の真似事では
ビジネスが上手くいきません。

だからこそ、
より創造性の重要度
増しているのだと思います。

創造性を鍛える方法

 

創造性

ここからは創造性を
鍛えるために大切なことを、

・マインドセット
・具体的な行動

の2つにわけて解説します。

マインドセット

 

創造性

まずは創造性を高める準備、
マインドセットに関してです。

多様性を意識する

 

人間の思考は固定化されやすいことが、
様々な研究で明らかになっています。

固定化を防ぐには
さまざまな価値観や思考に触れる
ことが重要です。

多様性という言葉も
最近よく聞くようになりましたね。

しかし、もとから多様性が受容されてる世界で
あれば、ここまで言葉に焦点は
当たらなかったはず。

それだけ人(日本人)は
多様性を受容できない生き物なのです。

ですので最初は
意識的に多様性を受容しようとする
心構えが必要だと思います。

寛容性を身につける

 

固定化された思考はときに、
自分とは違う価値観・思考を
否定することに繋がります。

しかしそれでは視野を広げる
ことができません。
そこで寛容性も必要になります。

納得できない考え方も、
一度受け入れてみる。考えてみる。
そうすることが創造性を高める
ことに繋がります。

ビジネスで注目される思考にも
3つ種類があり、
バランスをとることが重要と
されています。

サムネイル

正解を鵜呑みにしない

 

学校のテストでは正解がありましたが、
社会やビジネスに正解はありません。

これをやれば絶対儲かる
これをやれば絶対大丈夫

みたいなものは存在しないのです。
(悪徳な情報商材にご注意を)
あるのは試行錯誤だけです。

ですので常に情報を吟味し、
本当にそうなのか?
自分にとってはどうなのか
を考えることが重要です。

最近ではビジネス本や
ビジネス系Youtuberも人気が
ありますが、
彼らのいうことも全て鵜呑みに
してはいけません。

「そういう考え方もある」
程度に留めておくのも必要です。

具体的な行動

 

創造性

次は創造性を高める
具体的な行動に関してです。

運動

 

スタンフォード大学の研究によると、
運動には情緒経験の改善や認知処理の強化
関連性があることがわかっています。

つまり運動は体だけではなく、
脳にも効果的ということ。

じっと考え込むのではなく、
体を動かすことでも創造性は高められます。

楽器/絵画制作/写真撮影

 

音楽や絵画制作、写真撮影なども創造性を
高める効果が実証されています。

音を奏でる心身協調動作、
絵画や写真のような自分がみたものを
表現する作業が世界の見方を変えること
繋がる可能性があります。

レオナルド・ダ・ヴィンチや
アルバート・アインシュタインなど
芸術を愛し、科学の方面でも成功を収めた
人物も少なくありませんね。

なにもしない

 

休息にも大きな効果があります。
ベストセラー作家のアラン・コーエンは、

仕事には美徳があり、休息にも美徳がある。
両方を使い、どちらもないがしろにしてはいけない

と述べています。

常に脳に負荷をかけていると
パフォーマンスが低下します。
創造性を高めるためにも休息は
必要ですね。

まとめ

 

創造性
☑創造性を高めるには思考の固定化を防ぐこと

☑多様性と寛容性を身につける

☑運動や芸術活動、休息も大切

創造性を高めるには思考の固定化を防ぐことと、
仕事以外の時間(運動や趣味)をどのように
使うかが重要です。

やるべきことはシンプルですが、
継続が難しかったりもします。

過度なストレスを感じない程度に、
創造性を高める思考・行動を
心掛けていきたいものですね。