ブルーピリオドの感想・レビューを徒然と【第1巻】

 

記事の要約

✓社会通念と美術との関係

✓自分目線と他人目線

✓人生観を感じさせる

 

あなたが青く見えるなら
りんごもうさぎの体も
青くていいんだよ
森まる

この記事では講談社出版の
『ブルーピリオド第1巻』を紹介、徒然と感想を述べたいと思います。


ブルーピリオド 第1巻

 

第1巻を読んだのはもうかなり前ですが、
読み返してみるとやっぱ面白いなぁと
感じたので感想を記事にしたいと思いました。
(発売日は2017年12月22日)

第1巻のあらすじを簡潔にすると
以下の通りです。

  1. あるところに高校二年生の主人公、矢口八虎がいました
  2. ある日、選択授業の美術で「私の好きな風景」を描く課題が出される
  3. あることをキッカケに美術教員・部員と接触する八虎
  4. そんな出会いや授業の課題を通して「絵を描く」楽しさに気付く
  5. 進路選択の時期、それまでの自分の考えと今の自分の本心との間に揺れる八虎…

私の中での第1巻のテーマは、
好きなことに向き合う葛藤(序章)
でしょうか。

序章と付け加えたのは、
主人公の八虎がそれまで考えもしてなかった
「自分にとって楽しいと思えること」
に気付いた段階だからです。

好きなことに向き合い続けることの
葛藤などは今後に描かれる内容ですね。

さて、ここからは私の中での
ポイントを述べていきたいと思います。

矢口八虎について

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 3/228

まず主人公の八虎について。

八虎は不良グループと仲が良く、
一緒によく遊んでいるものの
勉強もできて成績優秀な生徒です。

高校生なりに社会から求められるのは
どういった人物なのか、
どのように立ち居振舞えば
(社会の中で)生きていきやすいかを
意識し、実践できる人物です。

そういった意味では、
センスもあって器用な学生といった
ところでしょうか。

現実世界にいればそれなりに
モテそうだなぁと思ったりするのですが、
本作品では恋愛要素が薄く、
八虎が女子にモテるといった描写も
描かれていません。

この辺は漫画にとって不要なテーマを
排除しているのでしょうかね。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 37/228

美術・アートに詳しくない人にとって、
「美術=役に立たないもの」
「美術=一部のセンスのある人のもの」
と思っている人は少なくありません。

また、美術に限らず
自分の好きなことに没頭することと、
社会通念や社会的評価を意識することを
対に感じる人もいるはずです。

その辺のすごくリアルな葛藤や疑問を
八虎が代弁してくれるのは
すごく共感できますし、考えさせられます。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 87/228

八虎の母親もリアルな感じ。

美術に理解があったり、
美大に進むことを了解してくれる
親も多くはないですよね。きっと。

母親はまだ上の場面では
「国立しか無理だから」って意味で
喋っているのですが。
(八虎の第一志望は国立美大になります)

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 33/228

美術に出会うまでの八虎って
社会的に無難な生き方とか
社会的に失敗のない人生みたいなのを
選択してきたと思うんです。

そう。失敗のない生き方。

人生や幸せに対する価値観なんて
人それぞれなのでこの点は
賛否両論わかれるところですが、
個人的にブルーピリオドの第1巻が
魅力的なのはこの人生の選択というか
人生観について考えさせられる点です。

そしてきっと多くの社会人読者(私も)が
失敗のない人生に舵をきったでしょう。
自分なりの安定や無難ルートを
とったことでしょう。

マジョリティとマイノリティ。

好きなことに向き合う葛藤、
そして憧れのようなものを
私はこの漫画から感じます。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 93/228

学生の頃にこの漫画を読んでいたら
また違う感じ方だったのでしょうかね。

ひとまず最初のポイント、
主人公の矢口八虎についてでした。

 

ポイント①

社会通念や社会のレールみたいなものを意識している八虎のキャラ設定だからこそ、社会と美術の関係や好きなことに向き合う葛藤に共感、考えることができる

美術教員・部員との出会い

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 51/228

2つ目のポイントは
美術教員・部員との出会いです

私は第1巻での美術教員・部員は
八虎にとって「自分の心に従う考え方」
提示してくれた存在だと思っています。

繰り返しになりますがそれまでの
八虎は自分の本心というより、
常に周囲と無難な関わりを意識して
生きてきています。

言い換えるならば、自分よりも他人目線。

自分で人生選択をしているようで
誰かの選択に乗っかっただけのような
選択だったわけです。

その点、美術部にいる人は
八虎より「自分目線」を大切に
している人たちです。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 135/228

八虎にとっては自分目線で物事を
考えることはあまり経験のない
ことだったでしょう。

ですので八虎にとって
美術部の人との出会いは
大きなターニングポイントになります。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 91/228

これは八虎がいない時の
不良仲間達の会話。

自分目線ではない、
どこか無気力ともいえる
八虎の生き方をなんとなく友人も
感じていたんですね。

この辺の不良仲間達も含めた
キャラ設定もリアルな感じがしてます。

これまた個人的ですが、
私の感じたキャラ設定(タイプ)の
大きな括りは以下の通り↓

  • 矢口八虎
    →自分目線より他人目線の生き方
  • 美術部の人達
    →(八虎と比較して)他人目線より自分目線
  • 不良仲間達(各々違いはある)
    →そんなこと深く考えないでいれる生き方

ここまで自分目線、他人目線といった
ワードを多用していますが
現実的には不良仲間のように
そこまで深く考えないで生きている人
たくさんいますよね。

ここもリアルだなと思います。

そしてそんな人から学ぶ・感じる
こともたくさんありますよね。

第1巻以降、
この不良仲間との関わり方にも
変化があるので、面白いです。

 

ポイント②

自分目線・他人目線という生き方(価値観)の違いが美術部の人との間で存在し、そこの対比や影響を感じられる部分が良い

ベストシーン

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 85/228

最後に、私が選ぶ第1巻の
ベストシーンですが、
やはり美術の顧問、佐伯先生との
ワンシーンです。

それまでの自分と違う価値観や生き方に
衝撃と戸惑いを覚える八虎が、
佐伯先生に美大に行く(自分目線で生きる)
ことのメリットを問います。

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 105/228

佐伯先生はそこで
そもそも普通の大学なら
食べていける保証がどこにあるのか、
そもそも自由業を選択するなら
どの職種にもリスクがあることなどを
八虎に語り掛けます。

この辺の話は、
特に現代の仕事の本質というか、
VUCAと呼ばれる先行き不透明な
状況に対しても大切な考え方
ですよね。

要は昔と違って、
これをやれば一生安泰みたいな
仕事や生き方なんてものは
存在しておらず、だからこそ
自分目線で生きていくほうが大事
なんじゃないの?
という読者への問いにも感じました。

そしてこの会話の終盤が
私のベストシーンです↓

 

引用:ブルーピリオド 1  kindle版 No. 109/228

これを初めて読んだときは
30歳手前だったのですが、
すごく胸に刺さった記憶があります。

まさにそれまでの私は
無難に生きていて、失敗じゃないけど
満足もしていない生活でした。

不良仲間のように、
自分の人生について深く考えずに
社会生活を送れる人を羨ましく思っていた
時期でもありました。

そんな状況で読んだこの場面は
私自身も自分目線で生きていくことに
勇気を貰いましたね。

まとめ

 

私にとっての第1巻は

✓社会通念と美術の関係、葛藤に共感できる

✓自分目線で生きていく怖さや魅力を考えさせられる

✓美術に詳しくない人ほど読んでほしい一冊

私の中での第1巻のテーマは、
好きなことに向き合う葛藤(序章)
でした。

第1巻には他にも
美大に関する知識や
遠近法など上手に絵を描くための
基礎知識も紹介されています。

また、後半には強烈なメインキャラ
世田介君も登場しますね。

あなたにとっての第1巻は
どのようなものでしたでしょうか。

自分目線での生き方に関するアート書籍↓

サムネ